「毒」と聞くと怖い印象を持つ人が多いでしょう。そんな恐ろしいもの、自分の体の中に潜んでいたとしたらどうしますか?

実は女性の9割近くの人が体の中に、水分によって出来た毒を溜めているといわれています。

中医学ではそれを「水毒」といいますが、もしかして私も?と不安になってしまう割合ですよね。

水毒は質の悪い水分が体に残ってしまうことで起こる

簡単に説明すると、水毒とは、体の中で排出されずに溜まってしまっている水分のことです。

人間の体の60パーセントは水で出来ている、というくらいですから、問題はないように思えてしまいますよね。

しかし、それが、水は水でも「毒」といわれてしまうくらいの質の悪い水でも問題ないといえるでしょうか?

例えば、サラサラと流れるキレイな川と、汚水が溜まっている、ため池を想像してみてください。体の中を常に循環している水は体にとって必要である水といえます。しかし流れのない水は、よどんでしまいますよね。

水毒は行き場をなくしてただ溜まっているだけの劣悪な水です。それが原因となり次第に体はいろいろな症状に悩まされるのです。

水分は摂取すると同時に排出する事も大切。

植物が育つためにも水は必要不可欠なものですが、与え過ぎれば根腐れをおこしてしまうように、人間も体がそれ以上必要としていない水分を摂ることは体には悪影響しかありません。

モデルさんや女優さんが行っている大量の水分摂取が美容に良いということは摂取した分きちんと出す、ということが前提となっています。
運動不足や冷え性などで、排出機能が低下したまま大量の水分を補給すれば、余分な水分が溜まってしまうのは当然です。

水は溜まりやすい分、動かしやすいという性質ももっています。運動不足を解消し、生活習慣を見直すことで、水分代謝の改善も期待できるでしょう。

体の中をデトックスできれば、おのずとお肌の調子もよくなってきます。笑顔が増えてこれまで以上に楽しい毎日が待っているかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

飲むサラダ、マテ茶の効能

マテ茶を飲んだことありますか。

身体に良くない?!では、誰が入るの「一番風呂」

実家にいるときは、私が一番風呂に入らされることが多かったけど、、、

週末の寝溜めは意味が無い?睡眠過剰に要注意!

今回はついついやってしまいがちな寝溜めのデメリットについてご紹介したいと思います。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。