今週の日曜日は京都競馬場にて京都記念が開催されます。
昨年からG1に昇格となった大阪杯の切符をかけての大一番といったところではありますが、前回は3歳牝馬クラシックには届かなかったものの、その後の古馬を相手にしたエリザベス女王杯で優勝したモズカッチャンと、同じくエリザベス女王杯で3着と大善戦したクロコスミアについて書きました。いよいよ二頭ともに古馬となり真価が問われることになりましたが、京都記念ではどんな走りを見せてくれるかが楽しみです。
さて今回ですが、秋華賞馬となったディアドラと、日経新春杯では全くのノーチャンスだったミッキーロケットについて書きたいと思います。

後半特化で届くのか!?ディアドラ

昨年の桜花賞とオークスでは当確線上にすらいなかったものの、夏から秋にかけて急成長し、紫苑ステークスを制し出走した3歳牝馬クラシック最終戦の秋華賞では見事に前にいる馬を纏めて差して優勝したディアドラが古馬となっての初戦となる京都記念に出走予定です。昨年の秋のエリザベス女王杯にも出走したものの、秋華賞の重馬場の疲れなのか、それともそれが実力なのか、全くのノーチャンスで届かずに終わってしまいました。騎手は岩田騎手で、いかにも岩田騎手といった流れで、溜めて溜めてといった内容でした。秋華賞のルメール騎手の場合は後方からは変わらずとも、最終4コーナーではしっかり番手を上げて追込み体制が整った状態からの直線でしたが、動きなしでそのままの流れでダラッと行ったカタチ。それを今回乗り替えとなる福永騎手が修正できるのか?といった疑問もあります。おそらくターゲットとしたいのはレイデオロとアルアインといったところではあるでしょうが、レイデオロと同じ仕掛けとなるとトップスピード持続戦となり最後が甘くなり届かず終いで終わるであろうし、アルアインとのトップスピード戦となれば質がかなり劣る感じかなと。なんとも微妙なところで、かなりグチャグチャ状態の馬場であればといったところかなと。

ここが正念場!ミッキーロケット

昨年のこの時期に明け4歳となって初の古馬戦となった日経新春杯では圧巻の勝利を収めたものの、今年に限ってはレース展開が全く噛み合うことなくノーチャンスで終わったミッキーロケットが名誉挽回の京都記念に出走予定です。基本的には出し切ってナンボの馬なので、極端にスローとなるレース内容は不向き。逆に昨年の神戸新聞杯の時のように流れたレースであれば、サトノダイヤモンともやりあえる持久力といったタフさを持っている馬でもあります。とは言っても京都競馬場が舞台ということで、ハイになる傾向は薄いため、ミッキーロケットにとって最序盤というのが最も重要なとことかなと。松若騎手が思い切って番手を3列目くらいに持ち込んでクリンチャー、もしくはクロコスミアの後ろを突かないと、モズカッチャン、アルアイン、レイデオロあたりとは渡り合えないかといったところ。逆にレイデオロが仕掛けを早めてくれるようであればミッキーロケットに風が吹いてくるのかなとも予想しています。レイデオロとは同じキングカメハメハ産駒同士。このレースの傾向から言ってやはりディープインパクト産駒の活躍が目立ちますが、次いでキングカメハメハ産駒が勝率が良い感じです。ディープインパクト産駒のアルアインよりも前に、さらに同じ血統のレイデオロよりも前に。とにかくスタートが得意な武器を使って先行策に出ない限りミッキーロケットの勝利は薄いかなと予想しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

今週末は札幌2歳ステークス!オルフェーヴル産駒の2頭注目!

さて、私の大好きな馬でもあるオルフェーヴルの仔が大舞台に立ちますよ。札幌2歳ステークスに注目です。

天皇賞・春をレコードで連覇!更に強くなったキタサンブラック

前評判どうりの強さを見せつけ圧巻の勝利で幕を閉じた今年の天皇賞・春。スタートでほぼ全てが決まったような、そん…

産経大阪杯 (G2)が今年から大阪杯 (G1)へ格上げ

春のGIを占う上でとても重要なレース。GIIにもかかわらず、豪華メンバーが揃うことからスーパーGIIとまで言…

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。