東西のカンファレンスで、各カンファレンスで最多得票の選手がキャプテンとなり、オールスターに選ばれた選手からドラフトをしてチーム分けをする今年のドラフト。

イースタンカンファレンス最多得票のレブロン・ジェームスのチームはこうなりました。

スターター

チームレブロンのスターターはこの5名。

・ケビン・デュラント(ゴールデンステイト・ウォリアーズ/フォワード)
・アンソニー・デイビス(ニューオリンズ・ペリカンズ/フォワード)
・デマーカス・カズンズ(ニューオリンズ・ペリカンズ/センター)
・カイリー・アービング(ボストン・セルティックス/ガード)
・レブロン・ジェームズ(クリーブランド・キャバリアーズ/フォワード)

ガードはカイリーアービングのみで、レブロン含む他4名は、チームではスモールフォワード・パワーフォワード・センターで出場している選手になりました。
それだけに、カイリーアービング以外は、2メートル超えのビッグなラインナップになりました。

また、レブロンとキャバリアーズで3年間戦い、3年連続ファイナル出場1回の優勝を経験して、このオフにトレード志願で、セルティックスへ移籍した、アービングが再びスターターとしてレブロンと出場するのも感慨深いですね。

リザーブ7名

リザーブの7名はこの選手達。

・ブラッドリー・ビール(ワシントン・ウィザーズ/ガード)
・ラマーカス・オルドリッジ(サンアントニオ・スパーズ/センター)
・ケビン・ラブ(クリーブランド・キャバリアーズ/センター)
・ラッセル・ウェストブルック(オクラホマシティ・サンダー/ガード)
・ビクター・オラディポ(インディアナ・ペイサーズ/ガード)
・クリスタプス・ポルジンギス(ニューヨーク・ニックス/フォワード)
・ジョン・ウォール(ワシントン・ウィザーズ/ガード)

リザーブはスピードのあるガードの選手が多めで、スピーディーな戦いが出来そうのラインナップです。

キャバリアーズのケビン・ラブもいるので、昨年まで、キャバリアーズのビッグ3と言われた、『レブロン・ジェームス』『カイリー・アービング』『ケビン・ラブ』が同時にコートにでて、ビッグ3復活競演もありそうです。

そして、ウェストブルックとデュラントが再び同じチームです。長くサンダーでチームメイトでしたが、16-17のシーズン前に、デュラントがウォリアーズにFA移籍。物議を醸したこの移籍から、未だに仲違いしているこの関係。同時にコートに出ることはあるのでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

【NBA】1月月間MVP発表〜ウェスタン〜

1月のウェスタンカンファレンス月間MVPです。

千葉が初の日本一!バスケットボール全日本選手権

バスケットボールの全日本総合選手権は最終日の9日、東京・国立代々木競技場で男子決勝が行われ、千葉が川崎を88…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。