ビタミンは身体の健康や美容を維持するためには大切なものというのは、なんとなく知っている人が多いと思います。

サプリメントも多く見かけます。お菓子やジュースにも含まれているものもあります。

では、ビタミンにもいろいろな種類があることをご存じですか?また、ビタミンが不足することで、どのようなことが起こるのかも知らないかもしれません。

もしかしたら、今感じている不調は、ビタミン不足なんてことも…

ビタミンの種類、ビタミン不足で起こる症状や病気についてご紹介します。

ビタミン欠乏症

ビタミンは、人間の健康維持には必要不可欠とされるものです。しかし、体内で合成できないので、食物から栄養素として摂取しなければならないものです。

ビタミンはラテン語の「VITA」から名付けられています。「生命」「活力」という意味です。

ビタミンは、三大栄養素である、タンパク質、糖質、脂質の代謝を助ける働きをしています。

ビタミン自身はエネルギー源になるものではありませんが、身体がスムーズに動くための潤滑油のような働きをしています。

私達人間が必要とするビタミンは13種類あります。ビタミンとまとめて言われることも多いですが、それぞれに特有の作用があるのです。

最近では、栄養バランスが偏った食事、添加物の多い食品、偏食などの理由で、ビタミン不足となっている人が多いと考えられます。

ビタミンが不足することで、身体に何らかの症状が出ることを、総称してビタミン欠乏症と言います。

ビタミンA欠乏症

ビタミンAは、皮膚、粘膜、目の健康にかかわるビタミンです。ビタミンAには、レチナール、レチノール、レチノイン酸の3種類があります。

ビタミンAが不足すると、光の感受性が落ちてしまい、暗い所で物が見えにくくなる「夜盲症」になることが有名です。

その他にも次のような症状があります。

色素沈着
眼球乾燥症(ドライアイ)
不妊
胎児の発生異常
ビタミンAは身体の上皮細胞の成長、分化に関係しています。よって、ビタミンAが欠乏すると、皮膚や粘膜疾患が生じます。そして、免疫力の低下も引き起こします。

先進国ではビタミンA欠乏症はほとんど見られませんが、発展途上国では深刻な問題になっています。

ビタミンA欠乏の兆候
食欲不振
肌荒れ
口内炎
風邪を引きやすい

ビタミンAを多く含む食品

ビタミンAは1日に成人男性だと850μgRAE、成人女性で650μgRAEが必要と言われています。(RAEという指数は、レチノールの量とカロテンのレチノール換算量の合計数値)

動物性食品からはビタミンAをそのままの形で摂取することができます。

植物性食品からは、緑黄色野菜の中のβカロテンを摂取してから、体内でビタミンAに変換するようになります。

次のような食品に多く含まれています。

レバー(牛、豚、鶏)
うなぎ
アナゴ
にんじん
ほうれん草

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

秋の花粉症に気をつけよう

夏の厳しい暑さもやわらぎ、朝晩も涼しく感じながら、秋の気配を感じる季節。 くしゃみや鼻水、鼻づまり、喉の痛み…

レモン風呂に入ろう

1日の疲れを落とすバスタイムでは、入浴剤などを使ってリラックスしたり、明日の元気をチャージしたいですよね。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。