先週日曜日に、中山競馬場にて第58回京成杯が行われ、田辺裕信騎手鞍上のジェネラーレウーノが、やや離れた2番手追走から最後の直線で力強く抜け出て優勝し、重賞初制覇を成し遂げました。鞍上の田辺裕信騎手は、コマノインパルスに続くこのレースで2勝目と相性の良いところを見せつけた結果となりました。2着には半馬身差で戸崎圭太騎手鞍上のコズミックフォースが、3着にはこれまた半馬身差で蛯名正義騎手鞍上のイェッツトが入線しました。

レース内容

スタートは前頭揃ったかたちで飛び出して、先に抜けてきたのは外からジェネラーレウーノ、内からコスモイグナーツ、中からはサクステッドとエイムアンドエンドが先頭争いに加わったカタチの最序盤でした。結局コスモイグナーツがハナを主張し、やや離れた3馬身差でジェネラーレウーノが追走。2馬身単独でサクステッドが追走と、人気馬がこぞって先頭集団を形成するカタチのレースとなりました。前半1000mは59秒7と、ややハイペースよりとなっていましたが、単騎逃げのコスモイグナーツ以下は60秒台と平均を保った流れだったのかなとおもわれます。4コーナー手前から徐々に馬群が団子になりつつ、ペースも上がりコスモイグナーツとの差も2馬身に縮まり、直線に入ってからジェネラーレウーノがコスモイグナーツを捉えて突き抜けると、外からはコズミックフォースが良い脚で伸びてきて、中からはイェッツト伸びて、粘るコスモイグナーツを交わしてゴール。

ジェネラーレウーノ

勝ったジェネラーレウーノはこれで3戦3勝。大外枠からでも先行できる二の足を見せてくれたレースでした。
冬の中山競馬場にはめっぽう強い田辺裕信騎手がジェネラーレウーノ見事に重賞制覇のお膳立てをしたかたちとなりました。ジェネラーレウーノはこれで三冠クラシックの初戦となる皐月賞にそのまま進出を表明。全く同じコースと距離を走るということで、今回の京成杯である程度の安定感は増した感じかなといったところでしょうか。最も早い馬が勝つ皐月賞でも、ステルヴィオ、ダノンプレミアムたちを相手にどこまでやれるかが楽しみなところです。まずは最低目標の皐月賞への切符を手にしたジェネラーレウーノに今後も注目です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

3歳牡馬クラシックへの道!今週末は共同通信杯

3歳牡馬クラシックへ道も激化しています。

休養中の強馬たちの次走は!?サトノダイヤモンド他

個人的に機になる馬、サトノダイヤモンド、キタサンブラック、アドミラブルの次走を探ってみました。

天皇賞・春に向けて上向きのレインボーラインが制覇!今年の阪神大賞典

天皇賞・前哨戦の阪神大賞典が開催されレインボーラインが優勝しました。

1家族一回限りの無料サンプル請求

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。