大根おろしとは

大根おろしとはは、大根の根の部分をおろし器を用いてすりおろした食べ物になります。

和食の付け合せや薬味として使われることが多く、大根おろしをパック詰めした商品(冷凍)もあります。独特の辛みが魚料理等の臭みを中和する効果がるみたいです。

また大根おろしは消化を助けるはたらきをすることもあり、天ぷらをはじめ油物や肉料理等、一般的に胃に負担のかかるとされる料理との相性もよい。大根にはアミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼなどの消化酵素が豊富に含まれているが、これら酵素は熱に弱いため、加熱をともなう調理法では有効に利用できない。大根おろしとして生のまますりおろすことで消化を助ける効果をはじめて得ることができるそうです。

大根おろしの効果とは

1. 食中毒予防

お刺身のつまに大根が使われていることからも分かるように、体内の解毒酵素の働きを高め、優れた殺菌作用があります。昔から、お肉やお魚料理に大根おろしを添える習慣があるのは、食あたり予防の理由がありました。

2. 食欲促進作用

とんかつなどの揚げ物に大根おろしが添えられていることがありますよね。大根には、消化酵素のジアスターゼが多く含まれているため、食べ物の消化を助け、胃腸の働きをサポートしてくれます。食欲が低下気味の際にも、ぜひ一緒に摂取すると良でしょう。

3. 生活習慣対策

大根を食べると、「高血圧」や「糖尿病」などの予防・改善の効果も期待できます。
大根には「葉」にも「根」にもビタミンCが豊富に含まれています。
ビタミンCは、「動脈硬化の原因」である「活性酸素」を除去する働きがあるといわれています。
大根を丸々一本食べることで美容にも健康にも効果的なのです。

4. 眼精疲労の緩和

ビタミンCが豊富なことで、眼精疲労の回復にも効果を発揮してくれます。(ちなみに大根の葉には、βカロテンが3900μg(100g中)も含まれているため、眼精疲労対策には、大根の葉を摂るとより良いです。)

5. 吹き出物・ニキビ対策

大根おろしの辛味成分「イソチオシアネート」には消炎作用があるといわれ、口腔内の腫れなどの炎症を鎮めてくれます。イソチオシアネートは揮発しやすいため、効果を存分に取り入れるには、食べる直前におろして食べるのがおすすめです。

6. ダイエット効果

また、「イソチオシアネート」は、新陳代謝を促し、血流をよくするため、ダイエットにも効果的。イソチオシアネートは加熱調理をすると、生の状態の半分以上も効果が損なわれてしまいます。効果を存分に得るには、生のままいただきましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか

ポイントは生で大根を食べることです。

大根おろしにして、おろしにした際に出る汁まですべて飲み干しましょう。

大根を食べて健康を手にいれましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

コレステロールを下げる食材と食事法

食事でコレストロールを抑えよう

梅雨だる解消法

梅雨の時期になると、何か体がだるく感じますよね。

リンゴ酢の驚くべき効果!?

お酢は体に良いと聞きますが、お酢の中でもリンゴ酢はフルーティーで親しみやすいお酢ですよね。 リンゴ酢は健康は…

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。