チェンジアップとは?

チェンジアップという球種の本来の意味はチェンジオブペース。
つまり球速を変えてタイミングを外す球の事を言います。
更に簡単に言うとスローボール。
とは言っても、抜いて投げて横の変化を加えたりすることが一般的となっています。
ストレートの様に指で強く押し出さないので、ストレートよりも初速がなく、ストレートよりも回転を減らすことによって空気抵抗を増やし、更に球速を落としてタイミングを外します。
球は若干山なりの軌道を描き、緩やかに落下します。
タイミングを外すことが目的なので、ストレートとの球速の差が大きければ大きいほど有効になります。
フォークやナックルといった明確に分類されている球種以外の、回転を減らしてタイミングを外す目的の球をとにかくチェンジアップとまとめている傾向があり、握り方や変化は様々あります。
フォークと違いストレートと同じ自然な腕の振りで投げるので、負担が少なく故障の少ない変化球です。
このチェンジアップを得意とする有名な投手といえば、井川慶投手や金子千尋投手が有名です。

チェンジアップの投げ方

チェンジアップは回転を減らさなければいけないので、ボールを深く握り、指先で回転をかけないように少し浮かせます。
リリースはストレートと同じです。
もしくはボールの内側を撫でるようにリリースします。
この場合、より緩く投げることができ、シュート方向へ変化するようになります。
今はこちらのリリースが一般的です。
とにかく、どの投げ方でも遅い球を投げようと意識して腕の振りまで遅くならないように注意が必要です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

鷹の祭典東京ドーム決戦2017!

40000人を越える東京ドーム

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

tokotoko

トコトコとコツコツとやっていきます。