はじめに

プロ野球もシーズンが終わり、クライマックスシリーズ、日本シリーズも終わり福岡ソフトバンクホークスが日本一にか輝きました。ドラフト会議やメジャー挑戦、戦力外通告、引退、トライアウト、契約更改などプロ野球オフシーズンもプロ野球の話題でいっぱいですね。そんな今年も終わろうとする中、日本一福岡ソフトバンクホークスの契約更改が話題になっています。1億円を超えることが一流の選手の証だったものが崩れる程の1億円プレーヤーを抱えるホークス。日本一球団の羽振りの良さがうかがえます。

4億円プレーヤーが8人

セーブ記録を塗り替えたサファテ投手の5億円を筆頭に日本一の立役者が顔を揃えます。

デニス・サファテ投手(5億円)3年契約3年目
リック・バンデンハーク投手(4億円)3年契約2年目
和田毅投手(4億円)3年契約3年目
攝津正投手(4億円)3年契約3年目
松田宣浩内野手(4億円)4年契約3年目
アルフレド・デスパイネ外野手(4億円)3年契約2年目
内川聖一外野手(4億円)2年契約1年目
柳田悠岐外野手(4億円)3年契約1年目

他の億越えプレーヤーは?

4億円プレーヤーが目立つホークスですが、今回の契約更改で1億円を突破した選手も多いです。

五十嵐亮太投手(3億6000万円)
岩嵜翔投手(1億3000万円)
千賀滉大投手(1億2500万円)
今宮健太内野手(2億2000万円)
本多雄一内野手(1億8000万円)
明石健志内野手(1億円)
長谷川勇也外野手(2億円)

最後に

契約更改での金額の話題が目立ちますが、福岡ソフトバンクホークスのファンのお陰で成り立っている部分もあります。福岡ヤフオクドームの来場者数も250万人を超え、グッズや売店の売上を考えると今回の契約更改の数字もわかります。ファンあっての球団、ファンあってのプロ野球選手ではないのでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

女子たちを虜にさせた甲子園のアイドルたち

甲子園を沸かせたアイドル的球児をご紹介します。

ベイスターズ、優勝への道 vol.19 〜交流戦開幕!北海道日本ハム戦〜

1つ1つの勝ち星がベイスターズの優勝につながることを信じて

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。