先週土曜日に中山競馬場にて行われたターコイズステークスは、見事に3歳牝馬のミスパンテールが差し切りを見せて初重賞制覇を成し遂げました。これで来年のヴィクトリアマイルが楽しみとなった一頭ですが、やはり今年の3歳牝馬は実にレベルが高かったなと思わせる瞬間でした。昨年の阪神ジュベナイルフィリーズのソウルスターリングに始まり、アエロリットやレーヌミノル、ディアドラにラビットラン、モズカッチャンと、古馬となる来年以降も非常に楽しみな存在が多いと感じました。そしてミスパンテールと、いよいよ来年の牝馬戦はわからなくなりそうです。ミッキークイーンやクイーンズリング、ルージュバックアドマイヤリードなどといった古馬も、うかうかとしてられないですね。

見事な差し切りで重賞初制覇!ミスパンテール

前走の清水ステークスの勢いそのままにと言った具合で、完全に今流れに乗っているのがミスパンテールかなと思います。関西TVロローズステークスやオークスの時もそうでしたが、要所要所でペースの上げ下げをしてくるレースにおいては反応鈍かったものの、今回のターコイズステークスに関しては、うまく反応できている印象です。四位騎手、酒井騎手からの乗り替えで横山騎手が手綱を握った今回において、うまくマッチングできたといえばそうかもしれませんが、内内で我慢をして、ラスト400mくらいからトップスピードといった、全くのロスなくコーナーに入れたのも大きかったのかなと思います。そこから直線に入ったわけですが、うまい具合に前のスペースが空き、突き抜ける要素を作り上げた横山騎手と、デンコウアンジュやラビットランの末脚すら寄せ付けなかったミスパンテールの能力自体を褒めてあげたいレース内容でした。そしてチューリップ賞でもリスグラシューよりも先着し、前走と今回のターコイズステークスで決定付けたのが、マイル適性といった結果かなと感じます。デンコウアンジュよりも先着しているし、来年のヴィクトリアマイルの優勝候補の一頭として注目していきたいです。

伸び切らず惨敗!ラビットラン

同世代が次々と重賞制覇している中、ラビットランも早々と3歳の時点で関西TVローズステークスというG2を制覇しておる一頭。今回の負けに関しては、不良馬場となった秋華賞で使ってしまったというのも大きな要素で、後半の末脚が持ち味のラビットランの脚が思ったよりも鈍かったところかなと。それでも1着のミスパンテールとの着差はコンマ1秒の差というのは流石と行っても良いのかもしれません。近親馬は朝日杯フューチュリティにも出走したアサクサゲンキ。共に晩成型のような様子なので、今後注目といったとことでしょう。レース的には外外を回していたので、ミスパンテールとの差はそこだったのかな?と感じざる得ない部分で、前走まで騎乗していた和田竜二騎手であったら着順も変わっていたのかもしれないなと思いたくなるところです。あとは距離面で、マイルはもしかすると短い可能性はあります。ヴィクトリアマイル目標ではなくG1狙うのなら宝塚記念、エリザベス女王杯なんかも面白いかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ダイワメジャー産駒がワンツーフィニッシュ!今年の新潟2歳ステークスの結果

ダイワメジャー産駒がワンツーフィニッシュした今年の新潟2歳ステークスを振り返ります。

今週末は3歳牝馬クラシック!牝馬優駿(オークス)特集 第2弾!

5月21日 東京競馬場 11R 芝2400m 発走時間15:40 3歳牝馬クラシック・牝馬優駿(オークス)が…

ファインニードルがG1初制覇!今年の高松宮記念

ファインニードルが見事にG1制覇を成し遂げました。

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。