清田育宏選手

15年4月12日の対西武戦からスタメンに定着。この年は追い込まれてからは足を上げずに打つノーステップ打法に変更し、コンパクトに振りぬき内角にも対応できるようになった。左の巧打者が多いロッテマリーンズの中で、パワー、俊足を兼ね備えた貴重な右打者です。6月12日の対巨人戦ではバスターでホームランを放つ離れ業もパワーがあってこそ。そして侍ジャパンにも選出され、この年後半戦は「3番・右翼手」としてほぼ固定起用され、結果として130試合に出場(スタメン125試合)して、自身初めての規定打席到達だけで無く「打率.317(リーグ4位)、15本塁打」を記録。ベストナイン、ゴールデングラブにも選出され、大ブレイク。その頼りになる姿にファンは熱くなりました。2015年ベストナイン受賞。

鈴木大地選手

心配されていたが開幕時から特に打撃面で好調を維持し3割をキープ。主に6番打者(71試合)、7番打者(53試合)主軸の不振時には5番打者として出場。様々な場面に対応出来、最終的には、全試合でスタメン出場。打率.285の成績で、シーズンを終えた。2017年、2000万円アップの年俸1億円で契約更改をして、大卒5年目での「1億円プレイヤー」となりました。2016年ベストナイン受賞。

田村龍弘選手

2015年開幕正捕手の座に指名され、打撃1割台と低迷しますが6月13日の対読売ジャイアンツ戦(QVCマリンフィールド)で杉内投手からプロ初本塁打を記録。捕手として117試合に出場し自慢の強肩でチームを引っ張りポジションを獲得。盗塁阻止率は12球団トップの.429を記録した。シーズン序盤はまたも打率1割台と苦しんだが、2016年6月に復調して月間打率.400を記録し、パ・リーグ打者部門の月間MVPを受賞。パ・リーグの捕手としてはダイエーの城島選手以来12年ぶり、ロッテ球団では青柳進選手以来24年ぶりの快挙となりました。2017年シーズン、里崎選手のつけていたた背番号22を継承することを契約更改にて発表され、益々の活躍とチームの牽引が期待されます。2017年ベストナイン受賞。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

侍ジャパン、タイブレークでオランダを降す!WBC 2次ラウンド

WBC2次ラウンド、侍ジャパンはオランダをタイブレークの末に降し、4連勝を飾った。

次、野球殿堂入りが予想される選手たち〜野手編〜

今回、惜しくも受賞を逃した次回、野球殿堂入りが有力視されている名選手を紹介していきます。

1家族一回限りの無料サンプル請求

square