いよいよ12月に入って残りの重賞レースも僅かとなりましたね。ここまで各距離別の王者や女王、ダート王などが決定しており、いよいよ今週末には2歳女王の決定戦、そしてその翌週には2歳王者決定戦、そして障害王決定戦などが予定されており、今年のレースも大詰めといったところです。古馬の戦いといったら、残りはグランプリレースの有馬記念という大きな舞台g残っているのみになりました。その有馬記念に出走しそうな数頭が調整を兼ねて今週末の中京競馬場にて行われる中日新聞杯に出走予定です。

ヴォージュ
クィーンチャーム
グァンチャーレ
ケントオー
サラトガスピリット
ショウナンバッハ
スズカデヴィアス
ストーンウェア
タイセイサミット
パドルウィール
バンドワゴン
フェイマスエンド
フェルメッツァ
フルーキー
マイネルディーン
マウントロブソン
マキシマムドパリ
ミッキーロケット
メートルダール
メイケイレジェンド
レコンダイト
ロードヴァンドール

以上、20頭の出走登録馬です。

春にも勝って冬も勝って!ミッキーロケット

メンバーのチカラ関係を見る限りでは1枚上手といったといったところでしょうか。今年は日経新春杯で重賞初制覇を果たしGI戦線でも善戦してきたミッキーロケットが中日新聞杯に出走します。ミッキーロケットといえば神戸新聞杯でサトノダイヤモンドとの叩き合いで競り負けたとはいえ、勝ってもおかしくないレース内容を見せてくれた素質馬です。父はキングカメハメハで今年のダービー馬のレイデオロなんかもそうですが、個人的にはキングカメハメハ産駒は早熟というよりも晩成タイプと思っているので、古馬となって1年経ち、そろそろ飛び抜けてくるのかな?と感じているのがミッキーロケットです。ただ一つの不安要素は2000mでは距離が短いような気もするところです。基礎スピードはあるものの、直線でのキレというのは同世代のマカヒキやシャケトラ、引退してしまっていますがディーマジェスティには劣る部分。馬場がある程度渋っている状態でのレースとなれば、今回の中日新聞杯ではかなりの重い印はつけられるのですが、今のところは連対する内の一頭としてしか見れていない感じです。坂スタートとなる中京競馬場なので、スタート後は特に心配することなく好ポジションを取りに行ける器用さはありますが、問題はペースでしょうか。前が速いラップで刻んで来たときに後半の脚で他馬を蹴散らすことができるか?といったところ。逆にスローで流れて3コーナー辺りからのロングスパート戦になるようであれば突き抜ける可能性はあるのかなと思っています。タイプ的にはミッキークイーンと似ているようにも思えるので、中団内内をロスなくついて、そこからジワリと上げて直線でGOといったレースを見てみたいところです。和田竜二騎手がどう反応するかも楽しみです。

結果はこの馬次第か?ロードヴァンドール

個人的に今回のダースホースはロードヴァンドールかなとみています。バンドワゴンあたりとのハナの奪い合いになるのかな?と思いますが、そこは枠順次第で思い切った奪い合いはしなくても良いのかなといったところで、メンバー的にみても、案外楽にペースを握れそうな感じです。中京競馬場の相性は良い方で、金鯱賞でも2着と、ヤマカツエースには大きく差されたものの、後ろから追い込んで来たスズカデヴィアスを制しての2着は評価できる点なのかなと思います。その時はスローで入ってから内内をロスなく立ち回り、ラストの直線でひと伸びがあった感じです。その感じでペースを握れれば十分にチャンスはあるのかなといったところです。今回のヤマカツエース的存在はミッキーロケット以外他には見当たらないので、各馬、ミッキーロケットを標的として突っ込んんでくることでしょう。前走の天皇賞秋は最悪の馬場状態だったので、今回のレースの参考にはしないでいようかなと。疲れが抜けておるようであれば連対してくる可能性はあり。出来れば内枠で高速馬場だとありがたい一頭かと思っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

今年も荒れるか!?中京記念

毎年気持ちよく荒れてくれる中京記念。今年も大いに荒れてくれることを期待です。

マイルチャンピオンシップの前哨戦!今週末はスワンステークス

マイルチャンピオンシップの前哨戦のスワンステークスも開催です。

ステイインシアトル初重賞制覇!武豊のリードが導いた勝利!

やはり武豊さんという競馬をしてくれた鳴尾記念。ルメール、デムーロもなす術なしといったところでしょう。

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き39歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。