はじめに

日本のプロ野球の球場でも、ホームランが出やすい球場とホームランが出にくい球場があったりしますね。ホームランが出やすい球場の1つが、読売ジャイアンツの本拠地の東京ドームですね。理由としては、外野の面積が他球団に比べて小さいからですね。右左中間が狭いのでホームランも出やすいと言われています。そんなホームランが出やすい球場はメジャーリーグにもあります。今日はそんなホームランが出やすいと言われる、クアーズ・フィールドを紹介したいと思います。

コロラド・ロッキーズの本拠地

クアーズ・フィールド(Coors Field)は、アメリカ合衆国のコロラド州デンバーにある野球場。1995年に完成し、アメリカメジャーリーグのコロラド・ロッキーズのホーム球場となっています。
寒さの厳しい地域にあり、芝を守るためにグラウンドに温水を流すパイプを埋設しています。
球場名はビール会社クアーズから取ってあります。
コロラド・ロッキーズに以前在籍した日本人選手と言えば。2000年に吉井理人投手、2001年にはマック鈴木投手、2006年は松井稼頭央選手が在籍したチームとなっています。

特徴

クアーズ・フィールドは標高1マイル(約1600メートル)地点にあることから通称マイル・ハイと呼ばれている。高地で気圧が低いため空気抵抗が少なくなり、結果として打球の飛距離が伸びる。ロッキーズ公式サイトでは「クアーズ・フィールドでは、打球の飛距離が海面と同じ高さの場所よりも9パーセント伸びる。ヤンキー・スタジアムで400フィート(約122メートル)飛ぶ打球は、クアーズ・フィールドではその飛距離が440フィート(約134メートル)になる」と記述されています。

他球場では決して珍しくない1-0のスコアがこの球場で記録されたのは、2016年シーズン終了までの21年間で、以下のわずか9試合しかなく、初めて記録されるまでに要したレギュラーシーズンの試合数は847と、MLB史上最長であります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

1家族一回限りの無料サンプル請求

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。