溶連菌とは

溶蓮菌感染症とは、A群β溶血性連鎖球菌という細菌によって起こる感染症です。発症しやすい年齢は小児では4~10歳の学童期とされています。
溶蓮菌感染症の主な症状としては、発熱と喉の腫れがあります。この他にも、咳、頭痛、倦怠感、腹痛といった症状が現れることもあり、風邪の症状に似ています。子供が溶蓮菌感染症にかかった場合、風邪のときより喉の痛みを強く訴える傾向にあるので、その点に注意してみると、風邪と見分けることができるかもしれません。
また、溶蓮菌感染症にかかると、イチゴのように舌の表面にぶつぶつができる「イチゴ舌」や、体に淡い紅斑が出現することがあります。無治療の場合には、頻度は低いですがリウマチ熱、急性糸球体腎炎、血管性紫斑病といった合併症を起こすこともあります。
3歳未満の乳幼児が溶蓮菌感染症にかかった場合、典型的な症状が現れないことがあります。発熱、咳、鼻水、母乳やミルクをあまり飲まない、元気がないといった症状が見られたら、溶蓮菌感染症の可能性を疑いましょう。

溶連菌感染症の原因

・飛沫感染
くしゃみやせきなどにより、空気中に飛び散った菌を吸い込むことで感染します。溶連菌感染症は、ほとんどがこの飛沫感染が原因といわれています。幼稚園や保育園、小学校など、人が密集する場で多く起こり、集団感染も発生します。マスクの着用により、飛沫感染を防ぐことが期待されます。また、室内の換気を適度に行うことも効果的です。特に冬場は換気が少なくなりがちなので、意識して部屋の空気を入れ替えるようにすると良いです。

・接触感染
菌がドアノブや手すりなどに付着し、それをさわることで感染します。おもちゃや本など、よく触るものに付着します。こまめに人が触る部分を殺菌・消毒することが有効です。また、接触感染には手洗いが大切です。手洗いを徹底し、必要であれば殺菌・消毒もすると良いです。

溶連菌感染症の予防

溶連菌は、飛沫感染のため普通の風邪の予防と同じと考えていいそうです。
菌自体が珍しいものではなく、そこら辺にいる可能性のあるものです。
なので、普段からの手洗いやうがいの徹底が重要になります。
外から帰ってきたら手洗いやうがい、
やっているようでできていなかったり、
子供はなかなかやりたがらなったりします。
そこは大人がしっかりしてあげましょう。
また、子供が感染したらマスクを着用する。
不必要な接触は控えるようにする。
喉が乾かないように水分をこまめにとったりといったことも必要です。
溶連菌は、発症後に薬を飲めばすぐに症状が改善されます。
症状が出ている、熱や喉の痛みがある間の2、3日は感染力が高いです。

まずは基本的な手洗いやうがいが予防には良いみたいですね。
かかる前から寄せ付けないことですね。
気をつけていてもなってしまうこともありますが、
予防はしっかりしておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

疲れが取れないと辛いですよね

疲れていると辛いですよね

目の疲れはどう取る?

スマートフォン、パソコンの普及で目の疲れを抱えた方が多い現代。 皆さんはどのように対処していますか?

1家族一回限りの無料サンプル請求

JUN

初フルマラソンにドキドキ中です