はじめに

少年野球のチームはたくさんありますが、チーム名を見ていると、
○○ジャイアンツや○○イーグルスなどプロ野球から文字を取ったチーム名が多いですね。プロ野球でもアメリカメジャーリーグのチームと名前が被っているチームがありますね。メジャーリーグのサンフランシスコ・ジャイアンツと日本プロ野球の読売ジャイアンツだったり、デトロイト・タイガースと阪神タイガースが名前が一緒だったりしますね。
そして今回はこのデトロイト・タイガースの本拠地のコメリカ・パークについて少し紹介したいと思います。

コメリカ・パーク

コメリカ・パーク(Comerica Park)は、アメリカのミシガン州デトロイトにある野球場。アメリカメジャーリーグ、デトロイト・タイガースの本拠地です。コメリカ銀行がネーミングライツを30年6600万ドルで買い取り、球場名は「コメリカ・パーク」となりました。

デトロイト・タイガースと言えば、2011年にはサイ・ヤング賞を受賞したバーランダーや首位打者ミゲル・カブレラらがチームをけん引し、24年ぶりに地区優勝を果たしましたね。

特徴

2000年から本拠地となった新しい球場。ホームランの出にくい広い外野のため投手有利の球場として評判になったが、あまりの広さに「コメリカ国立公園」と皮肉めいたニックネームまでつけられたこともあって、2003年シーズンを前に左中間を狭める工事が行われた。タイガースの選手がホームランを放つとスコアボード上にある虎の目が光る仕掛けや、一塁側スタンド裏にある回転木馬ならぬ回転木虎のビッグキャット・コート、センター後方にあるカッブやグリーンバーグらの躍動感あふれる銅像が有名ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

懐かしのプロ野球球場の今Part2

昭和のプロ野球を彩った懐かしの球場の今シリーズ第二弾です。

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。