冬の入浴の危険性、それはヒートショック

ヒートショックとは、家の中の急激な温度差により、血圧が大きく変動することにより、失神や心筋梗塞、脳梗塞など、身体に悪影響を引き起こす現象の事です。
寒い冬の季節によく引き起こします。

実は家庭内で高齢者が死亡する原因の4分の1を占める
年間1万人以上の方がヒートショックが原因とされています。
さらに病死と判断されている方も多く、実際の数はもっと多いと考えられています。
この数字は交通事故の2倍の死亡数であるので、意外と知られてない大きな問題でもあります。
特に裸になり寒暖差がとても激しいお風呂に入っている時ほど、ヒートショックにかかりやすく、浴槽内溺死の8割以上は高齢者であり、その最大の原因と考えられています。

ヒートショックにかかりやすい人とその対策

1番有効なのは家の部屋間の温度差を無くし家中を温める事です。
暖房代がもったいない気もしますが、過度な節制で命を落とす危険性があることがありますので、しっかり温めましょう。

またお風呂に入る際の対策としては、まず食後1時間以上空けて入浴することです。
食後は消化器官に血液がたまりやすく、血圧が下がり気味だからです。

入浴前後にコップ一杯の水分補給するのも有効です。
水分が減り血液がドロドロになると、脳梗塞や心筋梗塞にかかりやすいからです。

そして入浴時はまずかかり湯をして、体の温度をなれさせましょう。
熱い温度に設定するのも危険です。
冬でも38~40℃のぬるめの温度がベストです。

浴槽内に暖房機能があれば、暖房をかけるのも有効です。

また高齢者は1番風呂に入らず、2番目に入るのも予防になります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

もしもシリーズ!こんな事起きたら? 〜インフルエンザ 夫編〜

色々なシチュエーションを想定し、もしそうなったら・・・を解決していきましょう。

パイナップルの力

パイナップル大好きです。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

tokotoko

トコトコとコツコツとやっていきます。