今回こそダイエットにチャレンジ

こんな、悩める方のためにものために、おすすめするダイエット法をご紹介します。
いずれもコスパがよく、効果的にやせられるものを厳選しています。
今回は「朝食抜きダイエット」
これは、「朝は抜き、昼は軽め、夜は好きなものを食べてお酒もOK」という、夜型の生活をしている人にぴったりのダイエット法なのです。

30歳を過ぎると、“太りやすく、やせにくい”という女性が増えてくると言われてます。
よく、代謝が落ちているなどと言われますが、それだけではありません。太っている人や太りやすくなったと感じている人に食生活について聞くと、さまざまな共通点があります。便秘や肌荒れなどのトラブルを抱えていることも。共通点のうちのひとつが、朝食をたっぷり食べていることなのです。

「朝こそたくさん食べる」という常識が太る原因につながることもあるそうです。

働く女性の中には、21~22時くらいまで、お酒を飲んだり何かつまんだりして、6時間程度しか眠らずに出勤している人も多いのではないのでしょうか。前日の食べ物がまだ胃に残っているうちに朝ごはんを食べてしまうと、胃腸に負担をかけてしまいます。そのような食生活を送っている人は、朝は無理に食べない方がいいのです。朝食を抜くだけでやせたり、肌が美しくなったりするなどの効果はもちろん、仕事の集中力も高まるはずです。

なぜ朝食抜きが体にいいのか

人体には、吸収は排泄を阻害するという生理上の鉄則があります。
食べすぎると、おなかが張って排便や排尿が滞り、スッキリしませんよね。これは、胃や小腸に血液が大量に集まり、排泄の臓器である大腸や直腸、肝臓や膀胱に供給される血液が少なくなることによって、排泄力が低下しているからなのです。そこで朝に何も食べなければ、空腹時間を長く作ることができます。この、“空腹時間を長く作る”ということが、やせたり、免疫力を上げたりするためには重要。朝食を抜くことで、血液中の老廃物が少なくなり、やせやすく、美しくなるのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

朝食を食べてますか

朝食は1日の活動のエネルギーの素となるとても大切なものです。 体にとってどのように良いのでしょうか。

クエン酸には痛風の痛みを和らげる効果がある⁉︎

日本での有病率は0.1〜3%と推測され、90%以上が男性。40代前後が多いですが、最近は若年化の傾向が見られ…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。