ダイエット中でもパスタ食べたい

パスタ嫌いって方は少ないと思います。ただ炭水化物だし油を使う事も多い為ダイエット中だとどうしてもその辺が気になり避けてしまいがちです。美味しい物を我慢するってストレスですよね。そこで今回はパスタのGI値を知ってもらい、是非パスタを安心して食べて貰えるお話をします。

パスタのGI値を知ろう

パスタで最も気になるのはそのカロリーですが、乾麺100gを茹でると、378kca(茹であがり量240g)、100gあたりで149kcalです。白米は100gあたり168kcalですので、グラムあたりのカロリーだけを比較すると、白米のほうがやや上ですが、パスタ一食分となると乾麺で80~100gぐらいが一般的な量ですので、どうしてもその分はご飯を1膳食べるよりも、カロリーを多く摂ることになります。量的には、白米で言えば丼ぶり1杯となります。そこに様々なソースを和えるので更にカロリーは増えます。避けたくなる理由の一つかも知れませんがGI値に注目してみると話が変わって来ます。GI値とは血糖値の上昇するスピードを、食品ごとに数値化したもので、数値が大きいほど血糖値が上がりやすく太りやすいという指標です。例としてフランスパン 93/食パン 91/白米 84/うどん 80/パスタ 65/そば 59になります。GIが低い方になりますが、やはり量やソース類、具には気をつけなければなりません。

最後に

パスタの本国イタリアでは、前菜やメインの魚・肉などと合わせてパスタを食べる事が多いです。パスタは様々な具材と組み合わせることが多いので、カロリーに気をつけながら選びのポイントを知っていれば、ダイエット向けのメニューになる場合があります。合わせる具材やソース次第では、同じ量でも倍ほど高カロリーになる場合もあるので注意が必要です。
メニュー選びや食べ合わせに気を付けて適量を食べれば、ダイエット中でもパスタを食べても大丈夫です!せっかくGIが低いパスタ、美味しくいただきたいですよね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

1家族一回限りの無料サンプル請求

square