1年は早いなと感じるのは、エリザベス女王杯あたりですかね。個人的に、もうこの季節なんだなとほぼ毎年感じるんですよね。ということで、今週末は京都競馬場にて今年の女王決定戦のエリザベス女王杯が開催されます。またもや個人的な情報になりますが、現在、仕事で関西出張中ということもあり、現地の淀に出向き観戦予定でもあります。
昨年は、絶対女王と思われていたマリアライトをクイーンズリングがそれを制し優勝。2着には、今年のアメリカズカップで不慮な事故となったシングウィズジョイが入ったレースでした。今年は昨年以上にすごい顔ぶれが揃っており、競馬ファンは予想に大混乱といったところでしょうか。

ウキヨノカゼ
エテルナミノル
クイーンズリング
クインズミラーグロ
クロコスミア
ジュールポレール
スマートレイアー
タッチングスピーチ
ディアドラ
デンコウアンジュ
トーセンビクトリー
ハッピーユニバンス
プリメラアスール
プロレタリアト
マキシマムドパリ
ミッキークイーン
モズカッチャン
リスグラシュー
ルージュバック
ヴィブロス

以上、20頭の登録馬です。

秋華賞馬が古馬に挑む!ディアドラ

何しろバテないなといったところが個人的なディアドラの印象で、ハービンジャー産駒の代表馬とも言える存在にあります。秋華賞で言えば3着に入ったモズカッチャンもまたハービンジャー産駒で今回の出走予定馬でもあります。モズカッチャンに関していえば、秋華賞のレース中に落鉄したトラブルに見舞われてしまった影響もあったので、たらればですが、落鉄なければ踏ん張れたかも?と思わせるほどの頑張りを見せてくれました。
さて、今回コンビを組むのは秋華賞を獲ったコンビのルメール騎手はヴィブロスに騎乗ということで、再び岩田騎手。
比較的にスローから入りやすいエリザベス女王杯のペース配分になるので、仕掛けのタイミングが非常に重要になっていきますが、ステイヤー色が強いディアドラにとって、ハナから突き進んでしまうと、先日のアルバートのように末脚の精彩が欠けてしまうでしょうから、昨年のクイーンズリングをイメージした方が良いのかなと個人的には感じます。また、昨年のように芝がパンパンの良とまではいかない感じで、今週金曜日or土曜日あたりに傘マークがついていることから、稍重寄りになって来るのかなとも思っています。秋華賞でも見せたように、馬場状態が渋ればそれはそれでディアドラの連対率が上がって来るでしょうから楽しみなところですね。

ディフェンディングチャンピオン!クイーンズリング

昨年のディフェンディングチャンピオンのクイーンズリングも出走予定です。昨年のエリザベス女王杯を勝ってから後、今年は全く光るところなし。落鉄をしたりといったトラブルにも見舞われているので、運も味方にできていないなような今年のレースです。それでも要所要所のレース展開は悪くなく、あと一歩といったれーすが続いている印象です。トップスピードの質においても、やはりトップレベルにあり、今回の出走メンバーをみてもアドマイヤリードかクイーンズリングかといったところ。昨年はスタートでややで負けしたものの、うまい具合に内内でロスなく動けており、またターゲットのミッキークイーンの真後ろにつけたのもある意味で幸運であったろころ。今年のターゲットはもちろんミッキークイーンヴィブロスあたりかなと思っています。おそらくクロコスミアが府中牝馬ステークスで見せたような逃げとなるでしょうが、そこまではハイにはならないと感じており、結局は3〜4コーナー付近からの競馬で前詰まりさえ防げればそこそこいけるハズと思っています。あとはアドマイヤリードやリスグラシューに差されることがなければ連対してくるとも考えています。
どちらにせよ今回のメンツは近年んで最高のメンバーが揃ったようにも感じているため、かなり見応えはあるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

5歳牝馬・ルージュバックが制覇!今年のオールカマー

阪神競馬場の神戸新聞杯もスローなら、中山競馬場のオールカマーもスロー。その中で勝ったのは5歳牝馬のルージュバ…

今週末は札幌2歳ステークス!オルフェーヴル産駒の2頭注目!

さて、私の大好きな馬でもあるオルフェーヴルの仔が大舞台に立ちますよ。札幌2歳ステークスに注目です。

今週末はラジオNIKKEI賞!福島競馬場に集まれ!

いよいよ夏競馬といった季節になりましたね。今週末はラジオNIKKEI賞です。福島競馬場に集まれ!

1家族一回限りの無料サンプル請求

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。