先週の土曜日は、阪神競馬場にてシリウスステークスが開催されました。昨年の覇者のマスクゾロも発送したこのレース。今年も人気はマスクゾロに集まり、今年は1番人気を背負っての発走となりました。その他にも、昨年の同レースで競り合ったピオネロや、ここに来て急成長を遂げているミツバなど、実力馬が秋の重賞ダートを駆け抜けました。結果はメイショウスミトモがまとめて差し切っての勝利。11番人気が1着に入る、少しあれた結果となりました。さて軽く振り返ってみたいと思います。

見事な差し切りで重賞初制覇!メイショウスミトモ

レースでは11番人気となっていたものの、個人的には扱いに困っていた一頭でもありました。というのは、完全に切るわけでもなく、かと言って本命にするまでもなく、なんとも中途半端な存在で、展開次第では連対してくる可能性はありそうだなといった予想をしていた馬の一頭といったところです。今回のメイショウスミトモは4番枠からの発走となりましたが、逆に枠番が外に行っていたようであれば完全に切り、トップディーヴォが連対してくるといった感じで読んでいたのですが、結果、嫌な予感的中で、好ポジションを取りやすい4番枠のメイショウスミトモが連対してきました。というよりも、1着と言った結果で、まさかここまで入ってくるとは正直思ってもいなく、連対したとしてもミツバあたりとなだれ込んでくる感じで3着にくればヨシかなと思っていたほど。レース自体のペースはややハイよりの展開でしたが、3コーナー辺りからのロングスパート戦となった今回において全てが噛み合ったのかなと。内内をロスなく通して、外に振って先頭争いをしていたドラゴンバローズよピオネロをまとめて差して優勝でした。今後も折り合いを考えた上では外せない、そんな印象でした。

距離延長もプラス!?ドラゴンバローズ

和田竜二騎手&ドラゴンバローズといったことで、語呂合わせ的には竜とドラゴンといったことだけで思わず注目してしまったという経緯はありますが、結果的にみてもここまでの和田竜二騎手とのコンビは非常に相性が良い仲であることは間違いないといったところでした。懸念材料は距離延長。5番枠から順調に飛び出して、楽に好ポジションを得られたところも幸いし、前を行くマスクゾロを追走する状況になりました。やはりといっていいのかわかりませんが、マスクゾロがつくるペースということで平均よりなったこともあって動きやすいポジションに入れたのが全てだったのかなと思いました。徐々にペースが上がってくる中でマスクゾロとの距離も縮めていき、マスクゾロの脚が際立つ前に先頭に立てたのも大きいところで、更にピオネロが伸びて来てそこからラストはピオネロとの根性勝負の叩き合いに。なんとかピオネロには競り勝ったものの、まさかのメイショウスミトモに外から差されての2着という惜しい負けになりました。それでもチカラを出し切った状態だし、まさかのメイショウスミトモがいなければといっ結果だったので、ある程度の満足はして良いレース内容だったのかなと思います。距離もあっているので、マイルから2000はこなせそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

やはり強かった!キタサンブラックと振り返る大阪杯!

やはり強かった昨年の年度代表馬キタサンブラック。圧勝で終わった大阪杯を振り返ります。

全てが噛み合い小倉記念制覇!タツゴウゲキ

自滅した馬に、枠とペースが噛み合った馬の差が激し過ぎた内容の小倉記念でした。

底力を見せつけたミッキークイーン!今年の阪神牝馬ステークス!

昨年の有馬記念組が躍動中。 ミッキークイーンが圧巻のゴール!ヴィクトリアマイルへ向け好スタート!

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き39歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。