北欧発祥のエクササイズ「ノルディックウォーキング」

北欧フィンランドが発祥の地の「ノルディックウォーキング」は、クロスカントリースキーの選手たちが、夏の間の体力維持・強化トレーニングとして行なっていた「スキーウォーク」を、ポールを使った簡単な歩行運動として紹介されたものです。

フィンランドでの発表後、誰でもできる運動として広まり、現在ではヨーロッパを中心に人気が高まっています。季節を問わず誰でも簡単に始められ、しかも5分~10分の運動でエクササイズ効果を実感出来、専用のポールを使用することで、効果的な“有酸素運動”として、下半身だけでなく腕、上半身の筋肉などの全身を使うエクササイズになります。

「ノルディックウォーキング」の効果!!

「ノルディックウォーキング」は、専用のポールを使うことで全身の筋肉をたくさん刺激するので、普通のウォーキングよりエネルギー消費量が約20%も増加するので、体力づくりやスタミナアップ、減量などにとても効果的です。

また、上半身もしっかり使うので、肩や首のコリの解消、肩甲骨の可動域の改善にも有効です。さらに、歩行訓練やリハビリとして活用することもでき、「歩きの質」を高めることができます。

二足歩行のメリット・デメリット

「ノルディックウォーキング」には、さまざまな効果があり、日本でも愛好家が増え始めているそうです。もともと人間は、四足歩行の動物から進化しましたが、二足歩行ができるようになったことで、自由になった両手で道具や知性を身につけました。

しかし、二足歩行は良いことばかりではなく、不安定な二本の足で、重たい頭や、胴体を支え、真っ直ぐに体を保たなければなりません。そのため、長い間立っていたり、同じ姿勢でいたりすると、姿勢がアンバランスになり、体の一部にトラブルをもたらします。腰痛や肩こりもそのためです。アンバランスな体は、さまざまな病気の引き金になりますので、ポールを使った「ノルディックウォーキング」は人間の四足歩行として効果があるそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

土曜の朝はランニングから始めよう!朝走るメリットとは?

仕事に忙しい平日を終えた土曜日の朝は楽しい週末の始まりです。 そんな朝にランニング初めてみませんか?

鍛え上げられた筋肉はセクシーなアートである!

筋肉は古代ギリシャの時代から美の象徴として彫刻作品の中に表現されてきました。 時代や場所を選ばず、多くの人…

簡単、なのに効果絶大!お尻歩きの嬉しい効果

効果絶大なお尻歩き運動をご紹介したいと思います。

1家族一回限りの無料サンプル請求

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。