逆立ちの効果

逆立ちによる効果は重力に逆らうことによって起こる脳の活性化が関係しているそうです。
脳が活性化することで、全身の諸器官の働きが活発になります。
それによってホルモンの分泌や血行が促進されて、アンチエイジングの効果やストレスの解消、疲労回復などのさまざまな影響があらわれます。
ホルモンの分泌の正常化によってストレスホルモンと言われているコルチソールの分泌が抑えられ、代謝がアップするなど体の調子が整います。
さらに血行が良くなることで肩こりなどの筋肉疲労を和らげることができ、頭痛や便秘にも良い影響を与えてくれます。

ホルモンへの影響

逆立ちは、頭を下にすることで普段とは違った重力を感じて血行が良くなり、脳の働きが活性化します。
脳ではホルモン分泌や自律神経の働きを担っていて、それが活性化するため、体調が整うのです。
逆立ちによって起こる効果としては、ストレスホルモンの抑制や脳内麻薬の分泌、女性ホルモンの分泌があるそうです。
女性ホルモンの分泌の促進によって、女性らしい体つきになる効果や痩せやすい体質に変わるとも言われています。
ホルモンは体の中の割合としては少量ですが、その影響は非常に大きく、バランスよく分泌させ続けることが欠かせません。
そのため、継続的に逆立ちによって脳の働きを活性化させる必要があります。
短時間でも効果があるため、毎日行うとよいそうですよ。

重力の影響

逆立ちは、筋肉も使いますが、それだけでなく頭と体の重力の掛かり具合が変わることによって自然に血行を促す効果が期待できます。
二足歩行の人間は、重力の影響を大きくうけ、上の部分の血行が滞りがちです。
逆立ちによって血行を重力から開放することで、体中にまんべんなく血液を巡らせて細胞にくまなく栄養分を送ることができるようになります。
また、内臓も重力による影響があります。
逆立ちによって内臓を引き上げることで、本来の働きがしやすくなります。
また、内臓が活性化することで、エネルギーの代謝にも良い影響をもたらします。
腸は消化器としての働きの他にホルモンにも関係が深い臓器なので、上にも書いたホルモンバランスにも効果を与えてくれます。

子供の時に逆立ちしたことはありますが、最近はしていませんでした。
これから、下に溜まった血液を脳に送って元気になりたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ランニングシューズの選び方

さぁ!走りだろうと、ランニングシューズを購入される人は多いと思います。どんなランニングシューズが良い?ランニ…

土曜の朝はランニングから始めよう!朝走るメリットとは?

仕事に忙しい平日を終えた土曜日の朝は楽しい週末の始まりです。 そんな朝にランニング初めてみませんか?

最新のランニングウェアについて

ランニングウェアメーカーもたくさんありますが、どのメーカーを選んだらいいか迷ったりしませんか?

1家族一回限りの無料サンプル請求

JUN

初フルマラソンにドキドキ中です