勝利目前にしながら、、、痛恨の失点で上位対決はドロー決着

横浜F・マリノス 1-1 柏レイソル

横浜F・マリノス 1-1 柏レイソル

【得点者】
1-0 9分 齋藤学(横浜FM)
1-1 88分 クリスティアーノ(柏)

前節の神奈川ダービーで15試合ぶりの黒星を喫し、連続無敗記録が止まった横浜Fマリノス。5位のマリノス、3位の柏レイソルの両チームにとって優勝争いのために負けられないこの一戦は、マリノスが齋藤学の今シーズン初ゴールで先制し、1-0で勝利を目前にしながら、終了間際に柏の同点弾で、お互いに痛み分けとなりました。マリノスの順位は変わらず5位ですが、首位・鹿島との勝ち点差は「10」と開いてしまいました。

次節はアウェイでヴァンフォーレ甲府との一戦となります。

齋藤学が待望の今季リーグ戦初ゴール!!

マリノスのスタメンはGKに飯倉大樹。DFはセンターバックに中澤佑二とパク・ジョンス、左に山中亮輔、右に金井貢史。ダブルボランチに中町公祐と扇原貴宏。MFは中央に天野純、右に齋藤学、左にはマルティノスが入り、富樫敬真が1トップという布陣。

雨の中始まった試合は、マリノスが序盤から積極的に攻撃をしかけ、9分、待望の瞬間が!山中からのクロスのセカンドボールを齋藤学が拾ってドリブルでペナルティーエリアへ持ち込むと、狙いすましたシュートが、ゴールネットに突き刺さりました!誰もが待ち望んだ齋藤学の今シーズンのリーグ戦初ゴールが貴重な先制点となりました。

その後もマリノスがゲームをコントロールし、危ない場面もほとんどなく前半を終えました。

終了間際、フリーキックから痛恨の失点!

後半は攻撃陣にテコ入れした柏に対し、守備からカウンターを狙うスタイルに。

厚みを増した柏の攻撃を集中した守備で跳ね返すマリノスは、このままエース齋藤学の今季初ゴールで勝利!!、、、と思われた終了目前の88分、ゴール正面で与えたフリーキックを柏のクリスティアーノに直接決められ、痛恨の同点となってしまいました。

試合はこのまま終了し、マリノスにとって痛いドロー決着となりました。ここで勝利していれば、柏に代わり3位に浮上できただけに痛い引き分けです。首位を独走する鹿島アントラーズとの勝ち点差も「10」に開いてしまいましたが、諦めずに勝ち点を重ねていきましょう!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

窮地に立たされた日本。ハリル解任説も!?

なんとも言えない結果になってしまったオーストラリア戦。予選突破のためにここからは負けられない戦いが続きます。

U-20日本代表、決勝トーナメント進出!U-20サッカーW杯

U-20サッカー日本代表が決勝トーナメント進出を決めました!!

J1とJ2の入れ替え戦が復活?!

Jリーグの昇格降格プレーオフが来シーズンから変わります。

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。