食べるなら日中がベスト

食後に甘いものを食べるというのがほとんどだとは思いますが、甘いものは3時のおやつとして食べるのがベストです。
というのも、1日の中でも午後3時~6時の間は人間の体温が1日の中で1番高くなり、カロリー消費が多く代謝が良い時間帯だと言われています。また、BMAL1(ビーマルワン)という脂肪を溜め込む働きをする体内の物質の分泌がこの時間帯は少ないため、3時のおやつに甘いものを食べるのに適した時間だと言えるのです。

もう1つは夕食前

夕食の30分程前に甘いものを食べておくと、夕食を摂るときに満腹感を得た状態から食事をスタートすることができます。
そのため、夕食でご飯やおかずの食べ過ぎ防止に繋がって太りにくい効果が得られます。
また、既述の通り膵臓の活発化している時間帯はお昼頃から夕方にかけての間です。そのため、夕食前の甘いものが午後6時頃になれば更に太りにくい効果を高めることができます。

なるべく食べてはいけない時間帯

夜、眠る前が1番体に良くないと言われてます。
人は眠っているとき、あまり身体を動かしませんよね?どんなに寝相の悪い人だって、起きて運動をしているときと比べて消費カロリーは格段に減ります。つまり、代謝が悪いということ。
眠る前に甘いものを食べると、食べた分のカロリーが消費されないまま睡眠時間に突入してしまうため脂肪が付きやすくなります。
夜食に甘いものを食べるのはなかなか素敵なことですが、ダイエット中は夜や眠る前におやつを食べることは避けましょう。

最後に

もっとも大切なのは食べる量です。
せっかく時間帯を守っても、たくさん食べてしまっては、カロリーオーバーしてしまいやはり体脂肪へと蓄えられてしまいます。
我慢のしすぎも良くありませんが、何事も程々が一番なんですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

オススメご当地グルメ〜北海道編〜

各地で食べてきたオススメご当地グルメを紹介していきます。

美味しい上にカラダにもいい!チャイの秘密

いまやお馴染みになったインド式ミルクティー『チャイ』。実は健康にも良いのをご存知ですか?その美味しくてカラダ…

冬こそ紅茶!!インフルエンザや口臭予防にも!!

紅茶は世界で最も生産量が多いお茶です。各国の文化や暮らしをより深く、そして豊かにしてきた歴史がありますが、い…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。