風邪の日に、真夏の日に、解熱作用効果!

には、さまざまな薬効のあることが知られていますが、なかでも特筆なのがソルビトールという解熱作用があるという点があります。
また梨は90%が水分でできているのも特徴です。
そのため風邪で熱があり、のどが渇いた時や、 真夏の熱中症対策で梨を食べると良いでしょう。
梨を食べる事で熱をやわらげ、のどの渇きも止めてくれます。
また、同じ風邪でも咳の出る場合や、のどがヒリヒリして痛む、痰が絡むといった場合には、梨のシロップを服用します。
梨をジューサーにかけ。
氷砂糖あるいはハチミツを加えて弱火で煮つめます。
この煮汁を1日数回飲めば、咳や痰を除き、のどの痛みを解消させます。

疲労回復効果

梨は疲労回復効果もが期待されています。
梨にはリンゴ酸、クエン酸、アスパラギン酸等の疲労回復効果を持つ要素が含まれているからです。
 実際にクエン酸はレモンなどにも含まれていて、スポーツ選手等がハチミツ漬レモンを食べてることから、疲労回復の効果がクエン酸にあり、クエン酸が含まれている梨にも
疲労回復の効能があるという事になります。

便秘解消効果

梨を食べた時にシャキシャキとした舌触りなのが特徴ですよね?
これは石細胞と呼ばれる細胞が梨にふくまれているからです。
 
この石細胞は腸を刺激し、便秘解消の効能が働くとされています。
更に、消化酵素のプロテアーゼや、便をやわらかくするソルビトールと言ったものも含まれている為、梨には便秘解消の効能があるとされています。

二日酔い対策効果

梨は先程あげた通り、90%が水分でできています。
なので二日酔いでのどが渇き、体がほてる場合などにも効果的です。

梨とレンコン同量をジューサーにかけて、ジュースにした「蓮梨汁」は薬膳で、これを飲めば、二日酔いがすっきり治ります。

また、ナシは肝臓を保護し、食物の消化を助けるといわれており、二日酔いでなくても、日ごろからお酒を飲む機会が多い男性にピッタリです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

宇都宮餃子と浜松餃子!その違いは?

宇都宮餃子と浜松餃子、どっちが好き?

朝食にTKG(卵かけご飯)を食べて健康になろう!

TKGなら、ごはんがとってもススムくん

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

yuta

ジャンルは様々!

生活に耳よりな役立つ情報をお届けします。

野球好きなので、スポーツは野球情報が充実する予定、、、