羊肉とは

羊肉は、生後1年以上のものをマトン、1年以下の子羊の肉をラムと呼んで区別しています。
羊肉のタンパク質は、牛肉などと比べてもアミノ酸のバランスが良いうえ、代謝を助けて体を元気にするビタミンB群や貧血を防ぐ鉄分も豊富です。
脂肪は豚肉と比較して少なめですが、特有のにおいが好みの分かれるところかもしれません。
羊肉というと、独特のくさみを嫌う人も多いようですが、においの原因は脂肪に含まれる成分にあり、調理の前にていねいに脂身を取れば大丈夫です。
ラムの段階なら脂肪そのものが少なく、肉質もやわらかいので、最初からこちらを選ぶのもいいと思います。
脂身を取り除いた肉は、ヨーグルトをまぶしつけたり、香草やワイン、味噌などでくせを抑えて調理すると良いですよ。

脂肪燃焼効果

ラム肉がダイエットにいいと言われる理由はL-カルニチンの含有量の多さです。
L-カルニチンには脂肪燃焼促進効果があるので、他のお肉を食べるよりもより効率よく脂肪燃焼をしてくれます。
さらには食事からとった脂肪分だけではなく、体脂肪も効率よく燃焼してくれるという嬉しい効果もあります。
更には、たんぱく質が豊富なので基礎代謝をあげることができます。
ラム肉にはたんぱく質が豊富に含まれていますので、ダイエットにラム肉を取り入れることにより、効率よく筋肉量をアップさせることができます。
筋肉をしっかりつけて基礎代謝を上げることにより、より一層脂肪燃焼効果が高まりますし、リバウンドをしにくい体を作ることができます。

冷え性改善

肉の主成分であるタンパク質には、体内のエネルギー源を燃やす事によって体温を上げる食事誘発産生という作用があります。何をエネルギー源にするかによって熱産生パターンが異なるそうです。
炭水化物は燃えやすいが長持ちしない。脂肪は長持ちするが、”着火”に時間がかかる。
羊肉に豊富に含まれる短鎖・中鎖脂肪酸はその中間、着火が早く長持ちするそうです。
この2種類に脂肪酸がエネルギーとなって燃えるので、羊肉を食べた後は長時間に渡り体が温まります。

ちょっとクセもあって、好き嫌いの分かれる羊肉ですが、臭い消しやクセも少なくする調理法もあるので、美味しく食べて、健康的な体を手に入れたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ペアストレッチの効果

2人で行うストレッチ⁉︎

あなたの周りは大丈夫?!「隠れインフルエンザ」に要注意!!

小学校などでは学級閉鎖が相次いでいるなど、例年より早くインフルエンザが猛威を振るっています。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

JUN

初フルマラソンにドキドキ中です