急激な発汗

長時間の有酸素運動に慣れている人は、運動中に適切な水分補給を行う経験を持っています。
反面、このような経験が少ない方ほど、脱水状態になりやすいと言えます。

運動経験がある人であっても、直近が運動不足であったり、エアコンに慣れてしまって日常生活で汗をかく習慣がないと、適度な発汗が出来ない体になっている可能性があると思います。
高温の環境で運動や労働を行うと体温が上がり、体温を下げるために発汗が起こります。しかし、発汗することで体温を下げますが、発汗で体液が失われると、水分の不足から栄養素、酸素、老廃物などの吸収、排出が悪くなります。そうすると電解質の不足から障害が起こります。
さらに発汗が続き、体液が失われると、体は体液のそれ以上の喪失にストップをかけるために、発汗にブレーキをかけます。そうすると発汗で体温が下げられなくなり、体温上昇で障害が起こります。
発汗による体温調節機構が維持できなくなると、カラダ中の臓器にダメージが及びます。もっとも影響を受けやすいのは脳で、脳へのダメージからけいれんや意識障害などが起こることがあります。

ミネラル補給で対策

大量に発汗したときは、水分だけではなくミネラル分も失われています。
そしてその時、一度に大量の水だけを摂取すると、かえって体内の電解質のバランスが崩れ体調不良を引き起こすこともあります。
これを水中毒と言います。
水中毒とは、運動前や運動中に大量の水を摂取することによって血液中の塩分(ナトリウム)濃度が急激に薄まったことで身体機能が低下する症状です。
水分補給することは良いのですが、この水中毒も防ぐためには
ナトリウムやカリウムの含まれたスポーツドリンクなどを飲むことが最適です。
そこでおすすめなのが粉末タイプのスポーツドリンクです。
粉末からスポーツドリンクを作れるため、粉末の量と水の量を調整することで摂取するミネラル分を調整することができるので便利です。
スポーツドリンクを目安量よりも濃く作って、しっかりとミネラル分を補給すると良いです。

屋外では、日陰を選んで歩いたり、日傘をさしたり帽子をかぶったりしましょう。また、屋内での熱中症を防ぐためには、扇風機やエアコンを適切に使いすだれやカーテンで直射日光を防いだりして、暑さを避けましょう。
そしてこまめにミネラル類の入った水分を補給することが大事です。
夏は楽しいことがいっぱいの季節です。
普段からこのことを心がけていれば楽しい夏が過ごせると思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

暑い時期に注意しよう。内蔵型冷え性

今年の夏はいつもよりも暑くなるそうですね。 冷たい物を食べたり、クーラーにあたってばかりいると内蔵型冷え性に…

紅茶がノロウイルス感染予防に!

紅茶と言えば、日ごろから手軽に摂取できる飲み物。飲むことでノロウイルス予防ができるなら、積極的に取り入れたい…

グレープフルーツには

グレープフルーツの甘酸っぱさ、美味しいですよね。

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

JUN

初フルマラソンにドキドキ中です