海苔の栄養

カロテン
にんじんの3倍の量含まれているカロテンは、
体内でビタミンAに変わる栄養素です。
ビタミンC
レモンの2倍量含まれている海苔のビタミンCは熱に強く、
壊れにくいのが特徴です。
食物繊維
ごぼうの7倍もの食物繊維は柔らかく、
胃腸に負担がかかりにくくなっています。
タウリン
これまた植物には珍しく、
本来魚介類に多く含まれるタウリンが入っています。
ビタミンU
ビタミンUは別名キャベジンといい、
胃腸にとても良い効果を発揮します。
新鮮な海苔だと、なんとキャベツの70倍もの量があるそうです。

乾燥肌や肌荒れに


海苔は特にビタミンAが豊富なため、このビタミンAによって皮膚を保護してくれます。乾燥肌や肌荒れの方にはオススメの食べ物です。ビタミンAには免疫力を高める効果も高いので、風邪をひきやすい方にもオススメです。

疲労の回復に

海苔にはビタミンB1が入っています。ビタミンB1は、炭水化物をエネルギーに変えてくれるので、疲労を回復する作用があります。おにぎりなど炭水化物のご飯と一緒に摂取することで効率よくエネルギーを摂ることができます。海苔巻きおにぎりというのはとても理にかなった食べ物といえます。

美白効果に

海苔に入っているビタミンB1には、美白効果が期待できます。普通、ビタミンCは加熱すると壊れやすいものなのですが、海苔に含まれているビタミンCは熱に強く、長期保存が可能という特徴があります。

肌や髪、爪の健康に

海苔には非常に良質なたんぱく質が含まれています。このたんぱく質は健やかな肌や髪、爪を作るのに必要な成分です。海苔全体の重さのうち、30~40%をたんぱく質が占めています。

また、海苔1枚で卵や牛乳の1/5に相当する程の量が摂取できます。さらに、たんぱく質の構成成分であるアミノ酸の中でもうま味成分であるグルタミン酸やアスパラギン酸が多く含まれています。

貧血の方、ダイエットしたい方

海苔一枚を食べると鉄分が豊富なレバーと同等の鉄分が摂れるので、貧血の方にはオススメですし、海苔に含まれるヨウ素というものに新陳代謝を活発化させる作用がありますので、ダイエットしたい方にもオススメです。

ヨウ素は脂肪の燃焼効果があるので、栄養素が豊富で脂肪を燃やしてくれる素晴らしい食べ物です。

海苔の選び方

黒褐色というか黒紫のような色をしていて、ツヤのあるもの
がおいしいといわれています。乾海苔や焼海苔だけでなく、味付海苔でも同じことがいえます。

海苔の色というのは、タンパク質内の色素の色です。栄養が充分に足りている状態の海苔は、アミノ酸の育成が進んでいろいろな色素を含んでいる物質が含まれ、それが重なり合って黒褐色というか黒紫のような色をしているからです。反対に
栄養が少ない海苔というのは、色素の種類が少ないので多少黄ばんでいます。

海苔にこんなに栄養があって、効果があるとは知りませんでした。
これからは食事に取り入れて体を元気にしていきたいと思います。
皆さんもいかがですか。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ダイエットだけじゃない!週末プチ断食をして最高の健康状態を手に入れよう

週末に休日に1日だけのプチ断食で素晴らしい健康効果が得られます。

カフェインの力

1990年以前は「カフェインは体に悪い」とする論文が多かったですが、1990年以降はどちらかというと「体に良…

寝不足と体臭の関係

寝不足と体臭に関係が

1家族一回限りの無料サンプル請求

JUN

初フルマラソンにドキドキ中です