気温が上がりだし、春を感じてきました。
温かくなってくると、野菜が美味しく感じだしませんか?
その野菜ですが、栄養が多いのは皆さんご存知だと思いますが、
色によって栄養素の違いもあります。

今回はその中でも、まずは赤色の野菜に注目してみました。

トマトや赤ピーマンは免疫力アップ

赤色の野菜といえば、まずはトマトや赤ピーマンを思いつきますよね。
その赤色の野菜は、β-カロテンの宝庫です。

β-カロテンは、粘膜を強くして、細菌やウイルスに感染するのを
防ぐ働きがあり、免疫力アップに大きな効果が期待できると言われています。
赤い野菜は食物繊維を多く含み、便秘予防効果があり、女性にはうれしい効果も、赤色の野菜にはあります。

赤色の野菜に限らず、β-カロテンが多く含まれている野菜は、油で炒めると吸収が高まり、しょうが入りのポン酢醤油を添えると代謝がよくなると言われており、つくづく女性にはたまらない効果ですよね。

リコピンは美容に効果的

赤色の野菜の代表格のトマト。
そのトマトにはリコピンが多く含まれています。
女優さんにも、リコピンが多いのでトマトを食べる方が多いので、トマトにリコピンが多いのは、女性には常識かもしれませんね。

リコピンの効果としては、強い抗酸化力を持ち、老化や生活習慣病の原因となる「活性酸素」を除去する機能があります。
活性酸素をβ-カロテンの2倍、そしてビタミンEの100倍も除去し、肌の真皮層を傷つける紫外線から肌を守り、保水機能を高めてくれます。

また、コラーゲン減少抑制効果によって、シワを予防することが判明しています。

これからの時期は、紫外線が多くなり、女性を悩ますと思います。
紫外線を浴びると肌が乾燥し、体内に活性酸素が発生し、体内老化が進みます。特に40歳を機に抗酸化力は衰えることが分かっていますので、リコピンを体内に入れて、紫外線から肌を守るのは、お肌のケアとして必須ですね。

リコピンは美肌維持以外にも、活性酸素除去効果による認知症の予防や、血液凝固防止効果による脳卒中リスクの軽減にも効果的と言われています。

また、悪玉(LDL)コレステロールの酸化防止効果もあることから、ダイエット効果が期待されてきました。

リコピンは体内で生成されないうえ、摂取したリコピンも一定量以上は蓄積できないことから、絶えず摂り続けることが大切です。

まとめ

夏を感じる赤色の野菜。
日差しを多く浴びている分、栄養も豊富です。
特に女性の悩みをケアしてくれる成分が多く含まれており、
美への第一歩となりますので、これから野菜で迷った時は、赤色の野菜を手に取ってみてはいかかでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

氷を無性に食べたくなる!その名は氷食症

氷をバリバリと食べている人がいたら、それはもしかしたら氷食症かもしれませんよ。

お腹を温める腹巻の嬉しい効果

腹巻き。 そうバカボンのパパがしているのあのバカボンです。

以外と知らない正しい洗顔方法

洗顔のしすぎや間違った洗顔は角質層にダメージを与え、乾燥肌や敏感肌、脂性肌、毛穴、シミなど、様々なトラブルの…

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。