3日目、レースを引っ張るトヨタにアクシデント!!

WRC第9戦、ラリー・フィンランド3日目は、SS14〜SS21の8ステージ。前日首位のエサペッカ・ラッピと2番手のヤリ-マティ・ラトバラのトヨタのチームメイト対決に注目が集まりましたが、波乱の一日になったようです。

オープニングステージとなるSS14でベストタイムをマークしたラトバラは、ラッピに3.8秒差をつけて、総合タイムでも0.6秒差に詰め寄りました。そしてそのままSS18まで5連続ベストタイムをたたき出す、圧巻の走りを見せました。

驚異的な走りでレースをリードするラトバラのペースについて行けたのはラッピのみで、ラッピは他のステージでも上位タイムを叩き出し、SS18を終えた時点でラトバラとの差を8.5秒差にとどめていた。

しかし、SS19で波乱は起きました。ラトバラがマシントラブルによりステージ途中でマシンがストップ。首位を走るラトバラがまさかのリタイアとなりました。味方のリタイアで素直には喜べませんが、突如、ラッピが首位に浮上しました。

この日、すべての競技が終わった時点で、首位ラッピと2番手につけたMスポーツのテーム・スニネンとは49.1秒差。3番手にはトヨタのユホ・ハンニネンがつけました。

3日目を終えて、トヨタ勢が首位と3位に立ちました。エースであるラトバラのリタイアは残念ですが、トヨタの第2戦以来の2勝目が見えてきました。

最終日、優勝はラッピ!トヨタが1位と3位で表彰台へ!!

フィンランド最終日、すべてのステージを終え、トヨタのエサペッカ・ラッピが初のWRC総合優勝を達成しました。総合2位にはMスポーツのエルフィン・エバンス、総合3位はトヨタのユホ・ハンニネンがつけた。ラッピはWRCのトップカテゴリー参戦わずか4戦目にして総合優勝を勝ち取りました。また、この試合が、ハンニネンにとっても初の表彰台フィニッシュとなりました。

最終日は、SS22〜SS25のわずか4ステージ。2位との差、49.1秒はなにか起こらない限りは、ラッピが優勝といわれました。

オープニングのSS22、ここでベストタイムをたたき出したのは前日に無念のリタイアを喫したトヨタのラトバラ。SS2番手にはハンニネンが続きました。ハンニネンがこれで総合2位にならぶなど、ラリーは2番手争いに注目がいくようになります。そんな中、最終SSを前にしたSS24で総合2番手だったスニネンがまさかのクラッシュを喫し順位を下げると、2位争いにはハンニネンとMスポーツのエバンスの争いも激化しました。

そして、この日、すべての競技が終了し、ラッピが悲願の初優勝!2番手にはエバンス、3位にはハンニネンという結果となりました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

2017年WRC世界ラリー選手権、いよいよ開幕!!

2017年WRC世界ラリー選手権の開幕戦ラリー・モンテカルロのシェイクダウンが行われ、Mスポーツ・ワールドラ…

地元フィンランド勢が奮闘!WRCラリー・フィンランド 初日~2日目

WRC世界ラリー選手権の第9戦である、ラリー・フィンランドが遂に開幕。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。