なぜダイエットになるのか

どうして白米をお粥に置き換えただけで痩せるのでしょうか。
その理由は、食べる量にありました。
お粥は普通の白米に比べて、米が水分を吸って膨らむ分、少量でもボリュームがでます。
そのため、結構食べたつもりでも少量で済んでいたりするのです。
これをカロリーで考えてみると、三分粥のカロリーはなんと白米の5分の1しかありません。
同じ満足感で食べる量を減らせるので、安心してご飯を食べられますよね。
また、水分が多く冷めにくいためゆっくり食べなければならず
時間をかけるため、その間に満腹中枢を刺激してお腹をいっぱいにできます。
要は、少量のご飯でも満足感を感じられるので
今まで食べていたよりもカロリーを抑えられるというわけです。

お粥ダイエットの方法

1日3食すべてをお粥にするのではなく、夕食だけお粥にしましょう。
というのも、炭水化物が不足すると、エネルギー不足になって疲れやすくなったり、集中力が低下したりします。
まずは夕食だけお粥にして、様子をみながら調整していきましょう。
また、お粥ダイエットは、お粥だけを食べることではありません。
野菜などのおかずも食べて、必要な栄養はきちんと摂るようにしましょう。
バランスの良い食事は、食べながら健康的に痩せるダイエットの基本となります。
早ければ1〜2週間くらいで、ダイエット効果がでてくる人もいるみたいですよ。

更に美肌効果

お粥には美肌効果もあります。
特に普段から胃腸が弱いと悩んでいる人は、お粥を食べるだけでニキビや吹き出物を改善することができるでしょう。
ニキビや吹き出物と胃腸は関係が深く、胃腸が荒れると肌も荒れるといわれています。
お粥は柔らかい食べ物であるため、消化器官の負担を軽減します。
胃腸への刺激を抑えることができ、美肌効果をもたらしてくれるのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

もしかして、ギックリ腰かも

実は寒い時期だけではなく、季節の変わり目もぎっくり腰が増えるらしいです。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。