体、ダルくありませんか?

梅雨も明け、暑い時期が続いていますね。
この時期になると私は、朝起きた時、体が重く、だるく感じることがありますが、皆様は体調はいかがでしょうか。
ただでさえ、暑いので体調を崩しがちなこの季節なので、体調管理はしっかりしていたいところですね。
ここでは、夏に起こる体調不良の原因と、その対処法を紹介していきたいと思います。
ぜひ参考にしていただけたらと思います。

夏の体調不良の原因は?

もしかしたら夏バテかもしれませんね。
私たちの体は一定体温を保とうとする働きがあります。長時間高温の場所にいたりすると、体が一定体温を保とうとし体に負担をかけてしまいます。それが毎日続くと、体に溜まった熱を放出するとこができなくなり、熱を出してしまったり、体がだるくなったりしてしまいます。それを夏バテと言います。
夏バテの原因としては、上記の述べた通り、高温の場所にいたりすると自律神経に問題が起こり体に不調をきたしたり、体温を一定に保つために汗をかくため、その際に水分不足になり頭痛、下痢などの症状を起こしたりしてしまいます。また、体温が高くなると胃腸の血液の流れが悪くなるので、その際に冷たい水などの水分を取ってしまうと胃に負担をかけてしまい、胃痛や吐き気の原因となってしまいます。
これらの症状によって、疲労が体内に蓄積されてしまい、疲れの原因になってしまったり、食欲低下で体に栄養が運ばれずさらに体調不良の原因となってしまいます。
夏バテとは恐ろしい症状ですよね。夏バテにならないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか?

夏バテの対処法

夏バテに一番効果的な対策は、しっかり睡眠を取ることです。
しかし、夏は室内の温度も高くなり寝苦しく感じるかと思います。そうなってしまうと、いい睡眠ができなくなり、余計疲労を溜めてしまう原因にもなってしまいます。寝ているときは通常温度より低くなるので、クーラーなどつけっぱなしにして寝てしまうと、体の温度を下げ過ぎてしまい、睡眠の妨害となってしまう可能性もあります。
いい睡眠を取るためには、ベットに入って約1時間ほどでクーラーが切れるようセットしましょう。そうすることによって、寝つきが良くなっていい睡眠ができるようになります。
あと夏バテ対策としては、栄養が高い食べ物を食べるようにしましょう。
オススメなのは豚肉です。豚肉にはタンパク質を多く含み、血液中の糖分をエネルギーにかえる働きがあるビタミンB1を多く含んでいるからです。
他にはクエン酸を含んだ食べ物もオススメです。
クエン酸には、疲労回復効果があると言われ、さらに胃を刺激し、食欲を刺激してくれる効果もあると言われています。食欲がないときはクエン酸を取ってみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ストレスが原因で太った!?ストレス太りとは?

ストレって何処にいても感じてしまいますよね。それが原因で太ることもあるようですよ。

イタリア料理の定番、ルッコラを知ろう

みなさん、ルッコラをご存知ですか? よく、お肉料理などに使われるお野菜です。メインを引き立てるお野菜ですので…

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

Daisuke

スポーツが大好きです。特に野球。特に広島カープ。
よろしくお願い致します。