いきなり大暴れ

オリックスバファローズの期待の若手大砲がいよいよ開幕!
腰痛で開幕出遅れていた吉田正尚選手が9日の対千葉ロッテマリーンズ戦で今シーズン一軍初昇格を果たし、早速三番指名打者でスタメン出場。
0-0で迎えた3回裏、2死満塁の絶好機。千葉ロッテの石川の4球目の直球を鋭く振り抜いてセンター前に運び、試合の均衡を破る先制の2点タイムリーヒットを放った。更に8回裏にも追加点のきっかけとなるヒットも放ち4打数2安打の活躍を見せ、試合は4-0でオリックスが快勝し連敗を4で止めた。
翌10日の対北海道日本ハムファイターズ戦では初回にライト5階席に飛び込む超特大のツーランホームランを放ち、連日のお立ち台に立ち、完全復活ぶりを見せてくれた。

吉田正尚とは?

吉田正尚選手は、持ち前のパワフルな打撃で、昨年のドラフトで1位で入団。
ルーキーイヤーの今シーズンは腰痛で戦列を離れる期間が長かったものの、63試合で打率.290本塁打10本を記録。
このペースを維持してフル出場をしていれば間違いなく新人王を獲得できた成績を残した選手でした。
更に圧巻だったのが、シーズンオフに台湾で行われたウィンターリーグにて、打率.556 本塁打6 打点29の驚異的は成績を残し最優秀選手に選ばれました。
まさに今シーズン最もブレイクするであろうと予想されていた選手でした。

しかし開幕直前に再び腰痛で戦線離脱し、復帰のメドがなかなか立たずに前半戦を終えそうなところで、やっと戦列復帰になりました。

吉田選手が与える影響力

吉田選手が打線に加わった事により、厚みが増し、7/12地点で4連勝。
まさにオリックス上昇の起爆剤になっています。
前半戦も本日で終わりますが、後半戦のオリックスの存在は非常に驚異になるのではないでしょうか?
後半戦は吉田選手の打棒でパリーグをかき回します!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

田中将大選手が、メジャーのランキングで3位!そのランキングは?

メジャーリーグはオフシーズンもファンを退屈にさせない。

まだまだあるプロ野球史に残る打線Part2

ビックバン打線の響き結構好きでした。

野球から生まれた流行語Part4

これまで大賞に選ばれた言葉を紹介してきましたが、今回は大賞以外の賞で選出された言葉をご紹介します。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

yuta

ジャンルは様々!

生活に耳よりな役立つ情報をお届けします。

野球好きなので、スポーツは野球情報が充実する予定、、、