いよいよ夏本番となり厳しい陽射しが毎日のように降り削いできてますね。気温もぐんぐん上昇し、今年は冬から一気に夏になったイメージでした。そんな夏本番の今日この頃、海水浴にプールと、やはり水に戯れて涼をとりたいですね。そこで大活躍するのがサンプロテクトオイル。一昔前は、肌がこんがり焼けているのがステータスのようにメチャクチャ流行っていましたが、ここ近年が完全に美白が流行り浸透し、街行く女性の8割以上が白い肌といった感じです。5月から夏場は、1年で非常に紫外線も強い時期と言われているので、美白を求めている人はケアが大事ですね。

紫外線ってネガティブなことだらけ?

紫外線と聞くと、ここ最近のイメージではネガティブなイメージしかありませんが、過去には日光浴という言葉が存在していたくらいなので、カラダに良いこととポジティブなイメージだったんですよね。それが美白のブームよって、紫外線はカラダを黒くする悪い奴的なイメージへと変わってしまっていますね。
紫外線には骨の生成に必要なビタミンDの合成、血行や新陳代謝を促進させ、皮膚の抵抗力を強める効果もあるので、日焼けをしたくないから自宅に篭ってしまうと、皮膚で生成されるはずの栄養素が欠乏してしまいます。
その反面、やはりネガティブな面も兼ね備えてあり、紫外線は、長時間浴びるとシミ、そばかすなどの色素沈着を助長し、皮膚細胞を傷つけて老化を促す原因になります。さらに、細胞分裂の際の遺伝子の組み換え間違いで、皮膚がんのもとになることもあるようです。
要は適度に太陽を浴びるということは決して悪いことではないということに結論付きますね。

ビタミンDの合成を妨げている?

街中でウィンドウショッピングなどをしているだけでも太陽を浴びるわけですから、美白に熱心な方はサンプロテクトオイルを塗っていますよね。サンプロテクトオイルは適度に使用した方が良いとニュースでみました。理由は、サンプロテクトオイルを塗ることにより、皮膚で生成されるはずのビタミンDが欠乏してしまうからです。
ビタミンDが欠乏してしまうとカルシウムにも影響をきたし骨にも異常が出てきます。場合によっては骨粗鬆症など、大きなリスクが待ち受けているということらしいです。また肌を保護しすぎることにより、本来あった皮膚の抵抗力も弱回ってしまうと恐れも十分に秘めているようです。
美白に熱心な方は要注意ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

話題のオートミールは栄養満点?

オートミールという言葉は耳にする機会が増えました。 実際どのくらい栄養があるのかご紹介します。

美容成分たっぷりのスーパーフード「ハニーナッツ」

美容の宝庫ともいわれるスーパーフード「ハニーナッツ」をご紹介。

ステキ女子を目指すならチョコレートを食べよう!ちょっと意外なチョコレト効果とは?!

子供から大人まで大人気なチョコレート。美味しくてついつい食べ過ぎちゃうなんてこと、ありますよね。ダイエット中…

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き39歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。