ホットヨガとは

施設によって変わりますがホットヨガは室温39度前後、湿度60%前後に保たれた室内で行こないます。室温は体を一番柔軟にするとされる温度であり、多湿な環境は発汗を促します。ヨガやストレッチなどのゆっくりとした動きやポーズは無理なく筋肉を伸ばしたりインナーマッスルを鍛えることがかのうになります。常温との違いはホットヨガは高温多湿の環境でレッスン開始時から筋肉を柔軟にするため、より効率的に無理なく筋肉を伸ばすことができます。 それ以上に普段以上に汗をかくって気持ち良いですよね。普段汗をかく習慣のない方はぜひホットヨガをオススメします。仕事や家事の辛い事、嫌な事は全て汗で流しましょう。次の日はリセットされて心身元気に過ごせますよ。

ポイント

柔軟性も高まり発汗しやすい環境等良いことずくめですが初めてヨガを行う方もいるかも知れません。期待と不安があるかも知れません。ホットヨガは初めから体温が上昇しやすい環境です。筋温、体温を上げるには、体を動かすのが一番ですがホットヨガの場合あらかじめ室温を高めに設定することで、ゆったりとした動き、運動強度でもすぐに体温が上昇し、呼吸方も含めヨガによる効果を高めると同時に大量に汗をかくので、無理ない範囲で行ない水分補給はしっかり行いましょう。でも心配しなくても大丈夫。ポーズの種類は常温ヨガほど多様ではありません。激しすぎる動きでは強度面、水分補給面で無理があります。ホットヨガでは呼吸法と緩やかなポーズメインに筋肉を動かし発汗して行きます。 全身の緊張をときほぐしながら心身共にゆったりとした気持ちでエクササイズしましょう。

何より爽快感

ホットヨガでは驚くほど大量の汗をかきますのでバスタオルや1リットル程度の水分を用意しましょう。汗をかく事でストレス解消や新陳代謝の向上、筋力アップや効率よい脂肪燃焼につながります。何より汗をかくって爽快感がありますよね。まずは体験してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

スポーツクラブに行ってみよう21

今回のスポーツクラブに行ってみようシリーズはベリーダンス第2弾です。

雪対策は入念に

ヨーロッパ各地は寒波に襲われ大荒れの天気が続いているとニュースでみました。東京にも大寒波がこないとは限らない…

アウトドアの季節!おススメアイテムのご紹介です!

こうも暖かい日々が続くとアウトドアに行きたくなりますよね。 そこでアウトドアアイテムのご紹介をいたします。

1家族一回限りの無料サンプル請求

square