1、とうがらしとは

とうがらしは、カレーや中華料理、エスニック料理など世界中の料理に利用され、今や欠かすことのできない香辛料のひとつです。日本では細長い「鷹の爪」が一般的でしたが、最近では「ハバネロ」のように小さくて丸みのあるものや、楕円形の「ハラペーニョ」、辛味がおだやかで丸ごと食べられるものなどいろいろな種類のとうがらしが出回るようになりました。

ちなみに、とうがらしには「青とうがらし」と「赤とうがらし」がありますが、未熟なものが青とうがらしで、熟したものが赤とうがらしです。

とうがらしの中には大型で辛味のないものもありますが、そのようなものは「ピーマン」や「パプリカ」、「シシトウガラシ」などに分類されます。

2、栄養や効果とは。カプサイシンダイエット!?

「カプサイシン」は、とうがらしに含まれている辛さの主成分です。
カプサイシンには、味覚や嗅覚を刺激して、食欲を増進させる働きをするそうです。カプサイシンを体内に摂取すると、積極的に脂肪がエネルギーに代わるので、体温が一時的に高くなったり、汗が出てきやすくなったりするのです。体内に蓄積された脂肪を燃やすということで、肥満の予防にもなり、ダイエットにも効果的と言われてます。

ただし、カプサイシンの辛味成分は刺激が強いため、摂取し過ぎると味覚が麻痺したり、胃の粘膜を傷つけてしまったりして、却って体に逆効果になるので、食べる時には摂り過ぎに注意が必要です。 カプサイシンの効果は他にも認められていて、体を温めるという刺激作用を期待してカプサイシンを練りこんだ肌着や靴下が製品化されたり、カプサイシンの刺激成分を防犯用の撃退スプレーなどに配合したものが製品化されたりして、食用以外の用途にも応用されています。

3、選び方

とうがらしは、赤色が鮮やかなほうが良いのは、言うまでもありません。表面にはツヤがあるものを選びましょう。
色が褪せてきているものは、古くなってきていますので、気をつけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

夏が旬のうりとは

夏が旬で5月~8月にかけて多く出回ります。

名わき役、しそを知ろう

刺身に添えてあったり、刻んで薬味に使ったり、名わき役ですよね。

にんじんを食べよう。その驚くべき効果が!?

にんじんはカレーやシチューなどの料理を始め、家庭料理では幅広く利用する機会が多い野菜ですよね。しかし、人によ…

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。