本格的に春の季節になってきました。
すぐそこに日差しが強くなる夏がやってきます。
日差しが強いときになるの滋賀視線ですね。
でも、紫外線が強い時期というのは、本格的な夏の季節よりも、5月~7月が一番強い時期にいわれており、暑くなってきてからでは遅い紫外線対策。
そして紫外線対策は、なにもUVカットアイテムだけではなく、食事にも紫外線対策ができる食品があるので、一部を紹介します。

トマト

1番オススメなのがトマト。トマトにはリコピンが多く含まれいます。リコピンを多く摂取することで、紫外線を浴びるとシミやソバカスの原因になるメラニン色素が大量に生成されます。リコピンにはその生成されたメラニン色素や紫外線によるダメージを軽減してくれるのです。食べる日焼け止めトマトは毎日の食事に取り入れることをオススメします。

赤ピーマン

合わせて取りたいのが赤ピーマン。赤ピーマンにはレモンの約倍のビタミンCが含まれています。
ビタミンCはメラニンを作らせないので、シミの予防ができます。
また、できてしまったシミを薄くする効果もあります。
ビタミンCは熱に弱いので効率良く摂取するなら、サラダなどで食べるのがオススメです。
またビタミンCは身体の外に出て行きやすい成分なのでこまめに取りましょう。
サプリメントで補うのもオススメです。
余談ですが、美白を求めるなら1日1000mgが必要となりますので3度の食事に意識的に取り入れて行きましょう。

いわし

ビタミンEは主に魚類やナッツ類に多く含まれています。抗酸化作用があるので、シミやしわを取り除き、アンチエイジング効果を期待してくれるのです。その効果から「若返りビタミン」とも言われています。またビタミンEは血行を良くし、皮膚の新陳代謝を高めてくれる事で、お肌のターンオーバーを促進してくれるんです。日焼けで黒くなった肌を早く元に戻してくれるのです。

紫外線対策は夏だけではなく、日頃の食事から対策をして美肌を目指しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

美容成分たっぷりのスーパーフード「ハニーナッツ」

美容の宝庫ともいわれるスーパーフード「ハニーナッツ」をご紹介。

韓国のダイエット事情

ハリウッドセレブも実践しているファイブファクターダイエット。

気付いたら痩せていた?!ダイエットは無意識にするもの?!

今日からダイエット!っと気合を入れてスタート。ランニングに筋トレ、ヨガ、水泳など1日に自分自信のキャパオーバ…

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。