サツマイモには栄養が豊富!

サツマイモには多くのビタミンミネラルが含まれています。
特にビタミンEとビタミンCはたくさん含まれています。
ビタミンEは、 老化防止のビタミン とも呼ばれていて、
抗酸化作用によって体が酸化するのを防いでくれます。
また生活習慣病など予防する効果もあるとされています。
ビタミンCは実は、さつまいもには、りんごの約7倍 のビタミンCが含まれていおり果物よりも多いのです。
ビタミンCは抗酸化作用があるため、しみ・しわ の予防ができ美容に効果があるとされていますよね。
更には風邪予防にも効果があるとされているので、冬の定番・焼き芋には最適ですね!
しかも、通常ビタミンCは、加熱すると壊れてしまうのですが、さつまいもの場合、加熱してもでん粉がガードしてくれて、ビタミンCが破壊されないので、加熱調理しても全く問題ありません。
またカリウムも豊富に含まれているので、むくみ解消のや足つり防止の効果もあります。

焼き芋はダイエット食品としてもオススメ!

焼き芋は実はダイエットする方にもオススメな食べ物なんです。
でもよく聞かれるのは、「焼き芋ってカロリーが高いから食べちゃダメじゃないの?」という声です。
確かに焼き芋のカロリーは、可食部は200gで326kcalともいわれ一般的な焼き芋の中サイズ1本約300gでは489kcalと決して低カロリーとはいえません。
大きさなどにもよりますがショートケーキ1個がおおよそ300kcal前後と比べてもカロリーが高い事がわかります。
じゃあやっぱり、焼き芋は、ダイエットに逆効果じゃん!
なんて思っている方、カロリーだけが太る原因じゃありません。
カロリーが高くてもダイエットに相応しい理由があるのです。
さつまいもには、クロロゲン酸という高い抗酸化作用がある成分が多く含まれていて、糖分の吸収を上手くブロックしてくれます。
また、セルロースやペクチンとといった食物繊維が多く含まれていたり、ヤラピンというサツマイモにしかない便秘改善に効果的な成分が含まれています。

腸内の環境が整えられ基礎代謝アップの効果が期待できるのです。


更に焼き芋のなかには満腹中枢を刺激してお腹を膨らませてくれるポテトプロテインという成分が含まれており、消化吸収がとてもゆるやかで太りにくい炭水化物とされていますので、とても腹の持ちのいい食べ物ともいえます。

いかがでしたでしょうか?
このように焼き芋はダイエット中でも食べても平気なスイーツなのです。
甘いものがどうしても食べたくなったら積極的に食べてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

痩せたいからアルコールはなし!効果あるの?

痩せたいのでアルコールを控えめにしてみます。でもアルコール抜いたからといって痩せられるの?

筋トレとストレッチってどっちが痩せる?

筋トレとストレッチどっちをやればいいの?痩せるためには何が大切なの?そんな疑問を解消しましょう。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

yuta

ジャンルは様々!

生活に耳よりな役立つ情報をお届けします。

野球好きなので、スポーツは野球情報が充実する予定、、、