金属アレルギーは年間通じてありますが、発汗量が多い時期は金属アレルギーの発症も多い時期です。

腕時計の裏蓋は金属アレルギーを起こしやすいニッケルを含む事が多いので要注意です。
ビアスをしている人も部位を問わず金属アレルギーには注意が必要です。眼鏡も金属枠を使用している場合は要注意です。

金属アレルギーはお洒落な人に多い

金属アレルギーを起こす金属はニッケルが多いとされていますが多様です。
実際、身の回りの金属が何からできているかはわかりませんよね。そこで金属を、
・外せる金属
・外せない金属
という二つに大きく分けてます。

夏に多いのが外せる金属による金属アレルギー。
付けた場所での皮膚炎(局所性接触性皮膚炎)を起こすことがあります。

*外せる金属例*
イヤリング、ピアス、ネックレス、ペンダント、腕輪、腕時計、指輪、ブラジャーのホック…etc.
結婚指輪とブラジャーのホックを除くとお洒落に関係していますね。

外せない金属とは虫歯の治療に使った金属です。

夏に金属アレルギーが増える理由

同じアレルギーといっても金属アレルギーは花粉症とは異なります。
花粉症は吸入性で季節性があります。
金属アレルギーは接触性なので夏に多く発症する傾向があります。

汗は酸性で金属を微量ですが溶かしてしまい、夏の服装ではネックレスやペンダントなどが直接皮膚に触れるためです。

金属アレルギーのうち、イヤリング、ピアスは付けないという選択が容易です。
イヤリング(またはピアス)で痒みを覚えたので、別のイヤリングを身につけると同じにように痒みを覚えることがあります。
見た目が違う合金でも、同じ金属が溶け出してくれば皮膚炎を起こしてしまうからです。

対処法

シンプルに金属が肌に触れない方法を考えましょう。

金属アレルギーや化粧品カブレのような接触性皮膚炎の共通の特徴は、ある日突然、起きるという点です。

それまで皮膚に何ともなかったものがその部位の皮膚炎の原因となります。接触性皮膚炎では免疫系を活性化するのに時間がかかるためです。一方、一度活性化すると免疫記憶が消えるまで同じ金属に対して炎症を起こしてしまいます。

金属アレルギーを起こし難いチタン性の時計でも金属アレルギーを起こす人もいます。そんな人には、お洒落な懐中時計はいかがでしょうか。最近では携帯電話でも時間を知ることができますので、思い入れのある品でも金属が肌に触れない別の方法を考えましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ネジのプラスとマイナス

ネジってプラスとマイナス2種類ありますよね。 なぜ2種類あるのか疑問に思ったので、調べて見ました。

明日使える雑学集②

明日から使える雑学を紹介します。

北海道をテーマにした名曲

北海道といって想像する曲といえば、この2曲は偉大すぎますね〜!

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。