暑いからと入浴をシャワーですませていませんか。夏バテ予防には、お風呂に入ることも1つの手なんですよ。その理由とは。

実は冷えている?夏の体

いよいよ、本格的な夏が始まります。暑さをしのぐために氷の入った冷たい飲みのものをたくさん飲んだり、冷房の効いているところで過ごしたりすることが増えるはず。そのせいで実は、夏の体は意外と冷えてしまいがちなのです。

そして気をつけたいのは冷えだけではありません。
外は歩くのもつらいほどの猛暑、オフィスや電車はエアコンの効き過ぎで寒いほど。夏にはよくあることですが、こうした激しい温度差にさらされることで、暑さや寒さを感じて体温調節を行っている自律神経が乱れてしまいがちなのです。
自律神経が乱れると、めまいやだるさ、食欲不振や不眠など体のさまざまな不調となって現れることも。夏バテの原因にもなります。

夏のお風呂には効果的

夏になると、入浴をシャワーですませてしまいがちな人も多いはず。実はそれが、翌日に疲れを残してしまう原因かもしれません。夏こそ、ゆっくりお湯につかってみてください。体が温まって血液やリンパの巡りがよくなり、むくみもすっきり。水の中では浮力で体が軽くなるので、余計な力を抜いてリラックスできるともいわれています。また、お風呂上りに自然と体温が下がることで、寝苦しい夏の夜も寝つきを助けてくれます。
とはいえ、熱いお湯に入るのはやっぱりちょっと…という人におすすめの、夏の入浴術がこちらです。

入浴のポイント

●体温よりちょっと熱い、38度くらい
ぬるめのお湯でも、体はしっかり温まります。38度くらいなら、お風呂上りに汗がたくさん出て困ることも少ないはず。暑がりな人はミントやクール系の入浴剤を使うと、お風呂上りもさっぱり過ごせるはずです。

●お湯につかって10~20分のんびりと
ぜひ、10~20分程度のんびりお湯につかってみてください。温かいお湯で体がしっかりあたたまると血管が拡張され、血液やリンパの巡りがよくなります。じんわり汗をかいてデトックス、毛穴が開いて汚れもさっぱりします。

●寝る1~2時間前がおすすめ
寝苦しい夏。冷房をつけたり冷感アイテムを使ったり、眠るための工夫をしている人も多いのでは。寝る1~2時間前の入浴で体を温めると、体温が下がるときに自然と眠気が訪れて寝つきを助けてくれます。

●お風呂の前後、水分補給をしっかりと
夏は汗で体の水分が失われています。入浴前に水を1杯。お風呂上りにも1杯。水分補給をしっかりと心がけてください。浴室にペットボトルを持ちこんで、こまめに飲むのもおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

猛暑を乗り越える新たな水分補給方法はきゅうり!?「ICE CUCUM BAR」プロジ…

水分率が95%のきゅうりですが、水分補給としての効果はあるのでしょうか?新たな水分補給方法を提案する「ICE…

タラの芽の力

タラの芽の旬はちょっと過ぎてしまったかもしれませんが、天ぷらにしたり、お浸しにしたりと、旬を味わえる山菜です…

デメリットだらけの「猫背」!治したらメリットだらけ!

私も以前は背筋が伸びていましたが、今では猫背人間です。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。