ストレッチはかなり大事

運動前にストレッチすることで、怪我の予防になります。ストレッチをおろそかにすると、関節や筋肉が十分に伸びていない状態で動かすため、十分な効果を得られないし、怪我をしやすくなります。筋肉痛にもつながりますね。

ストレッチを十分に行うと大きく動かせるため、その分脂肪燃焼につながりダイエット効果がアップしますよ。運動後のケアもとても大切。動かして疲れている筋肉をストレッチでほぐしてあげることで、疲労回復も早くなるのです。

運動をすると誰でも、初心者でなくても疲れるものです。それをできるだけ回復させてあげることがひどい筋肉痛を回避する方法です。

激しいトレーニングは避けましょう

早く痩せたいからたくさん運動しよう、と思う気持ちは分かりますが、オーバートレーニングは怪我のもとになるし、疲れて運動が続かなくなります。

運動で痩せるには、継続が大切。そのためにも、無理をしない運動量で体を動かしましょう。疲れているときには、少しだけ、そしてストレッチをたくさんしましょう。ストレッチは体をほぐしてくれて楽になりますし、精神的にもリラックスできますよ。

また、疲労回復にはお風呂にお湯をはり、入浴をしましょう。お風呂の中で疲れた筋肉をもみほぐすと筋肉痛の予防になります。

クールダウンもかなり大事

激しい運動をした後は、急に休んだりせず、軽いランニングもしくはウォーキングをしましょう。こうすることで、血液の循環を急激に落とさずにすみます。その後、ウォーミングアップと同じように、使った筋肉をストレッチで伸ばしてあげましょう。休憩は、この2つのステップを踏んでからにしてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

寝る子は育つ!これは本当なのか・・・

寝る子は育つ・・・身長が伸びるということでしょうか

1家族一回限りの無料サンプル請求

takuji

こんにちわ。
クエン酸と、テニス大好き少年です。プレーするのも、観戦するのも大好きです。
得意なのはフォアストロークです。アプローチから相手を追い込み、ボレーで決めるのが
基本的なスタイルです。苦手なのはバックです。弱点を隠し、なるべくフォアに回り込んで打つ癖で、弱点が余計に目立つようになりました。
これからも、弱点から逃げずにバックを克服していきます。