先週の日曜日に阪神競馬場にて開催された3歳クラシック開幕戦の桜花賞は、ロードカナロア産駒のアーモンドアイが、圧倒的1番人気のラッキーライラックを鮮やかに差し切る印象的なレース内容で優勝しました。そして今週の日曜日は、中山競馬場にて3歳牡馬クラシックが開幕。そう、皐月賞です。その世代最も速い馬が勝つと言われている皐月賞。昨年はアルアインが好位からの追走で優勝。今年は一強とも言われていたダノンプレミアムが怪我で出走回避となったことで、混戦が予想される感じです。今回は重賞こそ勝ちはなく、しかもまだ2戦しか出走していないことがかえって不気味なキタノコマンドールと、馬場が荒れればチャンス到来といったサンリヴァルについて書いてみようと思います。

アイトーン
エポカドーロ
オウケンムーン
キタノコマンドール
グレイル
ケイティクレバー
サンリヴァル
ジェネラーレウーノ
ジャンダルム
ジュンヴァルロ
ステルヴィオ
スリーヘリオス
タイムフライヤー
ダノンプレミアム
ダブルシャープ
マイネルファンロン
ワグネリアン

以上、17頭の出走予定馬です。

人気先行もミルコとのコンビが不気味!キタノコマンドール

今何かと話題に上がっている北野武さんが名付け親ということで一躍有名になったキタノコマンドールも皐月賞に出走予定です。血統としては父ディープインパクト、母ベネシアドールで、デニムアンドルビーの実弟です。今週末の天気予報が雨ということで、ここまでの超高速馬場にならない感じでしょう。こうなるとかえってチャンスが巡ってくるのがキタノコマンドールかなと個人的には予想しています。姉のデニムアンドルビーも重馬場のなかローズステークスやエリザベス女王杯で成績を残していることもあり、血統的に馬場は特に問題ないのかなと。6F地点で最速になりがちな皐月賞において、基礎スピード面を大いに問われる形になるとそこそこ厳しい感じになるところを馬場が渋ればその不安もだいぶ楽になるし、こういった馬場の時のM.デムーロ騎手の手腕も非常に不気味さがある印象です。このまま天候がもって高速馬場状態でとなると3着から連下扱いにしようと思いますが、稍重から重であれば連対も大いに視野に入れていこうかなと。いずれにせよ、ここまでの相手関係とは1枚も2枚も上手になるので、ここが真価を問われる舞台になりそうですね。ただの話題のみの馬になるのか、それとも3歳世代を背負える存在となるのか。楽しみです。

雨よ降れ!馬場荒れろ!サンリヴァル

前走の弥生賞では惜しくも4着といった結果で終わったサンリヴァルも皐月賞に出走予定です。負けはしたものの、折り合い面はあっていた感じで、あとはどのポイントでトップスピードに持ち込むかという賭け引きだけで負けてしまった感があり、昨年末のホープフルステークス にしても同じような感じだったのかなと。サンリヴァルの強みというのはスローでもハイでも、どちらの流れでいっても大崩れはなく、しっかりとした競馬ができている感じです。また、ここまでの相手関係も決して楽な相手ではなく、同世代の一級を相手にしての掲示板なので、ダノンプレミアムが回避となっている今がチャンス到来とも言えるのかなと。また、週末は雨模様なので、チカラのいる馬場であれだけのレースができたホープフルステークスのパターンで、ラストを藤岡祐介騎手が思い切ればもしかするともしかするかもと考えています。もちろんタイムフライヤーがホープフルステークス のような競馬をやってくれば厄介ではありますが、前半でしっかりと好位につけ、3〜4コーナーの下りで勢いをつけていってほしいかなと。もちろん、ステルヴィオのトップスピードは厄介で、出し切って来た時のジャンダルムもかなりの厄介。あとはジェネラーレウーノがハナを取りに来たときは譲っても良いのかなといったところ。むしろ速い展開になる可能性もあるので、後続の脚も消してくれ、基礎スピード面が主になってくれば良いのかなといったところでしょうか。いよいよ藤岡佑介騎手が悲願のG1タイトルを手にするのか?という点も兼ねて楽しみな一頭です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

競馬マンガ

競走馬を目指して

産経大阪杯 (G2)が今年から大阪杯 (G1)へ格上げ

春のGIを占う上でとても重要なレース。GIIにもかかわらず、豪華メンバーが揃うことからスーパーGIIとまで言…

1家族一回限りの無料サンプル請求

Hiroyuki.K

神宮球場のライトスタンドと西武ドームの3塁側に出没する率が高めの、ホルモン(特にマルチョウ)大好き40歳です。週末は娘と散歩をするのが私にとってのストレス発散方法です。