「とろろ」と言えば、何芋?

「とろろ」といっても、長芋や自然薯などありますが、似ているようでもちろん違いがあります。「長芋」は中国が原産で、スーパーでよく見かける棒状の芋。水分が多く、粘りが少ないので、すりおろして食べるのには向いておらず、短冊切りにして、みずみずしいサクサクの食感を楽しむのが良いそうです。

「大和芋」は南方原産種(東南アジア)で、人間の手のひらのような、イチョウの葉のような形の芋。つるっとした滑らかな舌触りと強い粘りが特徴で、すりおろして食べるのに向いています。「自然薯」は日本原産で、長芋のような棒状のもので、天然物は収穫に手間がかかるので、あまり流通量が少なく貴重です。すりおろしても箸でしっかり掴める粘りの強さが特徴です。

また「山芋」が入っていないという方もいるかもしれませんが、山芋は一般的に長芋や自然薯などの総称で、芋の種類ではないんです。

痒くなる「とろろ」、酷い場合はアナフィラキシー症状も引き起こす?!

「とろろ」は栄養もあって美味しいのですが、口の中や手がかゆくなってしまうので苦手という人も結構いますが、大人になって山芋が食べられるようになったという人もいるそうです。これは子供は皮膚が弱く、ちょっとした刺激でもアレルギー症状が出ることがあるためだそうです。酷い場合はアナフィラキシー症状を引き起こす可能性もあるので、無理に食べないように気を付けましょう。特に皮膚や消化器系等が弱い乳幼児や子供に食べさせるときは要注意です。

どうしても食べたくなった時は、粘り気の少ない長芋を選び、さらに加熱して食べると症状は出にくくなるそうです。しかし、一度でも山芋でアレルギーを発症したことがあるという人は避けた方がよいでしょう。

山ウナギと言われるほど栄養豊富な「とろろ」!

「とろろ」で用いられる山芋は「山うなぎ」とも呼ばれることもあるほど栄養成分が豊富。含まれている栄養素は、種類による差はないそうですが、ジャガイモより低カロリーでダイエットには向いている食材と言えます。

腸内環境を整える食物繊維が豊富で腹持ちが良く、疲労回復に効果的なビタミンB、美肌効果のあるビタミンCも含まれています。ただし、低カロリーとはいえ山芋は炭水化物なので食べ過ぎには注意しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

山菜の代表格!栄養豊富な「わらび」

「わらび」は食感や風味を活かして、おひたしや天ぷらで食べるのが人気ですね。和菓子のわらび餅は、さつまいもので…

おでんの「大根」は栄養価がない?!一番ベストな食べ方は?!

おでんと言えば、「大根」という方も多いと思いますが、実は栄養素は無駄にしているのかもしれません。

1家族一回限りの無料サンプル請求

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。