疲労回復

アスパラガスから発見されたことで「アスパラギン」と命名された栄養があるそうです。
アスパラギンはアミノ酸の一種で、クエン酸回路に働きかけて効率的にエネルギーを作り出す効能があります。
これによって持久力が高まり、激しい運動をしても疲れにくくなるのです。
肉体労働をしている方や高齢になってもパワフルに活動したい方には、アスパラガスに含まれるアスパラギンがおすすめです。

免疫力の向上

アスパラギン酸はグリコーゲンの生成を促す働きもあります。グリコーゲンはエネルギーを一時的に貯蔵するために作られる多糖類で、運動時や食事が取れない時などにエネルギーとして変換されます。つまりグリコーゲンの不足=スタミナ不足となるため、グリコーゲン生成促進作用のあるアスパラギン酸を含むアスパラガスはスタミナ向上効果も期待されています。
また近年はアスパラガスに含まれる「サルササポゲニングリコシド」が免疫細胞の一つであるT細胞を活性化すること、抗菌作用・抗ウイルス作用・抗腫瘍作用があることなどが報告され、免疫力強化食材としても注目を集めています。サルササポゲニングリコシド以外にも、代謝向上・疲労回復に役立つアスパラギン酸・粘膜の維持に関わるビタミンB2やβカロテン、ビタミンCなどもアスパラガスには含まれていますから風邪・インフルエンザ予防にも役立ってくれるそうです。

血管補強

アスパラガスにはルチンという栄養も含まれています。
ルチンには毛細血管を補強し、全身に栄養や酸素がしっかり行き渡るようにサポートする効能があります。
また、血管の流れを正常化することで、動脈硬化や高血圧などの病気を予防します。
さらにルチンはポリフェノールの一種であるため、強い抗酸化作用があります。ルチンの持つ抗酸化作用により、老化防止やがん、生活習慣病の予防などの効能が期待できます。

胃に優しい

アスパラガスは、メチルメチオニンを豊富に含んでいます。
メチルメチオニンは「ビタミンU」とも呼ばれる栄養素で、胃酸の過剰分泌を防ぐ効能があります。これによって胃を胃酸から守り、胃もたれや胸やけの解消、胃潰瘍の予防などに効果を発揮します。
食べすぎや飲みすぎの翌日、胃がもたれて痛むというときには、ぜひアスパラガスを! 食べると気分がスッキリし、胃もたれや胸やけが解消されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

バジルの力

イタリアンのお供のバジル バジルはイタリア料理でよく登場するハーブで、さわやかな香りが特徴です。 パスタやサ…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

JUN

初フルマラソンにドキドキ中です