はじめに

3月下旬か4月にかけて桜も満開になりますね。
桜も満開になるとお花見を楽しむ人が増えますね。
お花見をしながら楽しむ一つがお酒ですね。
晴れた日に桜を見ながらお酒を飲むとテンションもあがってついついお酒を飲むペースが早くなりますね。時には一気飲みをしたりすると、
急性アルコール中毒になりますね。そんな急性アルコール中毒について少し紹介します。

急性アルコール中毒

「イッキ飲み」のように短時間で大量のお酒を飲んでしまうと、肝臓でのアルコール代謝が追いつかなくなり、血液の中にアルコールが増えていくことになります。その結果、アルコール血中濃度が急上昇し、「昏睡期」の状態に進んでしまいます。これが急性アルコール中毒です。昏睡期の状態では、意識が混濁し、呼吸麻痺や、吐いたものがノドにつまることで、死に至るケースもあります。
特に、お酒に弱い人は、少量のアルコールでも危険な状態になるので、注意が必要です。

急性アルコール中毒を防ぐには

血中アルコール濃度を急激に上げないことが一番。そのためには、イッキ飲みは絶対にしない・させないようにしましょう。
自分の適量を知り、その日の体調にも注意する。
アルコールの代謝能力は人それぞれです。また、その日の体調にも左右されるので、体調が悪い日はいつもより控えめにしましょう。
空腹のときは、飲酒しないようにする。空腹時は、アルコールが胃腸から早く吸収されてしまいます。つまみをとりながら、飲むようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

明日使える雑学集①

明日から使える雑学を紹介します

今日11月15日は七五三です。

今日11月15日は七五三です。 7歳、5歳、3歳の子どもの無事の成長を祝い、これからも健やかに成長するよう祈…

新たなる伝説の幕開け!『るろうに剣心』

実写化もされ、知らない方はいないと思われる漫画『るろうに剣心』。実はまたブームになりそうなんです。少なくとも…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

Kenji

スポーツ大好きです!野球は今でもやっています!!宜しくお願いします。