種類別入浴剤の効果

●高い保湿効果が期待できる「無機塩類系」
温泉由来の成分などを利用して作られているのが無機塩類系の入浴剤です。硫酸ナトリウムや炭酸水素ナトリウム、炭酸カルシウムなどの成分が含まれており、高い保温効果が期待できます。

●血行促進に「炭酸ガス系」
無機塩類系の入浴剤のうち、湯に溶かすと炭酸ガスが発生するのが、炭酸ガス系の入浴剤です。お湯に入れた際に泡が出るのが特徴です。成分としては炭酸塩が使われ、高い血行促進効果が期待できます。

●香りでリラクゼーション「生薬系」
生薬系はさまざまな植物からなる漢方成分を配合した入浴剤です。どの生薬を利用するかで効果は異なりますが、共通して「血行促進効果」と香りによる「リラクゼーション作用」が期待できます。

●汚れを落としやすくする「酵素系」
酵素系の入浴剤はタンパク質分解酵素などを配合した入浴剤です。タンパク質分解酵素といってももちろん危険なものではなく、パイナップルやパパイヤなどに含まれているものです。毛穴の奥の汚れや皮膚の表面の汚れを酵素の力で落としやすくするため、清浄作用が期待できるタイプの入浴剤です。

●夏場におすすめ「清涼系」
清涼系の入浴剤はペパーミントオイルやハッカオイルなどを配合することで、入浴後にひんやりとした感覚を与える入浴剤です。夏場などの入浴を快適にする清涼効果があります。

●カサカサ肌に「スキンケア系」
スキンケア系は保湿効果が期待できる成分が含有されている入浴剤です。入浴中に保湿成分が皮膚に浸透し、カサカサの肌を潤す効果が期待できます。冬の肌荒れが気になる人におすすめです。

その日の気分や体調で入浴剤を変えてみよう

入浴剤にはさまざまな種類や効果があります。一般的には、冬は保湿成分のあるスキンケア系の入浴剤、夏は清涼効果のある清涼系の入浴剤がおすすめです。特に寒い日には無機塩類系の入浴剤を使用する、普段は毛穴の汚れ対策に酵素系の入浴剤を使用する、など使い分けをしてもよいでしょう。

また、色や香りにもさまざまな種類があるため、期待する効果だけでなく、自分の一番落ち着く色や香りで選ぶのもおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

写真を撮りたくなる!絵になる『京都』

出張に行ったら、いい絵を求めて写真を撮ってしまう私が、出張合間の限られた時間とお金で撮影した、オススメの一枚…

寺社仏閣巡りと共に!御朱印ブーム到来

ここ数年で人気に火がついてきた「御朱印(ごしゅいん)」。元来、お寺に参拝者が写経に納めた際にいただく印のこと…

ミニトマトを作ろう!!

ミニトマトは大きな畑は必要なく、ベランダなどの小さなスペースがあれば誰でも簡単に育てられますので初心者にオス…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。