春を感じることが出来る「たらの芽」

春の訪れとともに旬を迎える「たらの芽」は、ウコギ科のタラノキの新芽のことで、日本全国の山野に自生しています。春を感じることができる食材のひとつで、天ぷらやおひたしにして食べると美味しいですよね。弾力のある柔らかい食感と程よい苦味が特徴で、山菜の王様とも呼ばれています。天然の「たらの芽」は大半が棘を持つ「男だら(おだら)」で強い風味が楽しめ、栽培物は棘とげの少ない「女だら(めだら)」になるそうです。

女性にかかせない栄養素が豊富!

「たらの芽」には、ビタミンKが非常に多く含まれています。ビタミンKは、止血効果と骨や歯の形成を促す効果があるので、妊娠中や老年期の女性のライフサイクルに欠かせない栄養と言われています。

また、妊娠中の女性に特に必要となる葉酸も豊富。葉酸は、ビタミンに分類される栄養の一種で、造血効果と胎児の先天異常を予防する効能があります。DNAやタンパク質の合成を促して、細胞の生成に大きく関わる役割もあります。

山菜の王様は栄養素が満載!

銅の含有量が多いことも大きな特徴の「たらの芽」。体内の代謝に使われる酵素の材料となる銅は、ミネラルの一種で、鉄分の利用を促したりして造血に効能を発揮します。また、髪の毛などに含まれる黒いメラニン色素を作る材料にも使われるため、美しい黒髪の維持と白髪の予防にも欠かせません。

また、血行を良くする効果があるビタミンEは強い抗酸化作用があるので、細胞の老化防止にも効能があり、冷え性やあかぎれ、しもやけの予防や改善に効きます。若々しくいたい、という方には押さえておきたい栄養の一つです。他にも、体内の過剰なナトリウムの排出を促すし、むくみの解消にとても大きな効能があるカリウムや、満腹感を抑えて血糖値の上昇を抑える食物繊維が豊富なのも魅力ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

スッポンの栄養とは!?

最高の食材スッポンの効果

平成29年の今年は、29(肉)の年。

今年は平成29年にちなんで肉の年なんです。

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

hiroyuki.o

フットサルをこよなく愛するアラフォー男子です。