殺菌作用

しそには、ペリルアルデヒドと呼ばれる成分が多く含まれているのが特徴です。
ペリルアルデヒドは、しその独特なさわやかな香り成分です。
強い防腐作用と殺菌作用という効能があり、生食の食中毒の予防に効果があります。
しそをよく刻んで利用するほどに、ペリルアルデヒドの効能を引き出すことができます。ただ、β-カロテンと違って、生で食べるのがおすすめです。加熱をしたり生食とざまざまな食べ方で摂るのが良いです。

骨に

しそは、ビタミンKがとても多く含まれていることでも知られています。
ビタミンKは、正常な止血効果を促すことで傷を早く直す効能のある「止血のビタミン」と呼ばれている栄養です。
また、健康な骨の形成を促す点と、骨粗鬆症を防ぐ効能も見逃せません。
出産時の止血効果や、老年期の骨粗鬆症予防などの点から、特に女性は多く摂りたい栄養です。

貧血予防に

しそには、ミネラルの一種であるモリブデンという栄養も含まれています。
しそに含まれているモリブデンは、体内で鉄分の利用を促すので、貧血予防の効能があります。
ほかにも、モリブデンはキサンチンオキシダーゼなどの酵素の補酵素となる働きがあり、尿酸の生成を促す効果があります。

老化防止

しそには、ビタミンEも豊富に含まれていることを忘れてはいけません。
ビタミンEは、抗酸化作用が高い栄養で、細胞の老化防止の効能があります。
また、末梢血管を広げて血行を良くするので、肩こりや腰痛などにも効果的です。
さらに、ホルモンバランスの崩れが原因の更年期障害の予防にも力を発揮します。

抗酸化作用

しそは、β-カロテンの含有量がトップクラスを誇る優れた野菜です。
しそに含まれているβ-カロテンは、強力な抗酸化作用を持ち、体内に発生した活性酸素の除去を行う栄養素。ガンや老化防止の効能があると言われています。
また、健康な皮膚や粘膜を作る効果や、不足すると風邪のウイルスなどに対する抵抗力が弱くなるので注意しましょう。
β-カロテンは脂溶性の栄養なので、油と一緒にとると吸収率が高まります。そして刻むことでより吸収されやすくなるので、しそを細かく刻んでかき揚げなどに利用するのがおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

プルーンを食べよう

プルーンが体に良いというのは何となく昔から言われています。

形も凄いが、中身も凄いアーティチョーク

虜になったら最後、このエキゾチックなルックスの中に秘められた魅力を、今回は紹介して行きたいと思います。

運動前のストレッチ 〜筋膜リリース〜

カラダは奥が深い。運動前にストレッチを入念に・・・。この行為は、伸ばしすぎても逆に良くないとか。それでは、運…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

JUN

初フルマラソンにドキドキ中です