先日のスターター発表された後に、コーチ選手でリザーブも7名も発表されました。

リザーブ7名

イースタンカンファレンス所属チームから選ばれた7名はこの7名。

・ジョン・ウォール(ワシントン・ウィザーズ)
・ブラッドリー・ビール(ワシントン・ウィザーズ)
・アル・ホーフォード(ボストン・セルティックス)
・ケビン・ラブ(クリーブランド・キャバリアーズ)
・カイル・ラウリー(トロント・ラプターズ)
・ビクター・オラディポ(インディアナ・ペイサーズ)
・クリスタプス・ポルジンギス(ニューヨーク・ニックス)

スターターに発表された5名に負けない顔ぶれです。
各チームのエース、またはスターターで選ばれた選手のチームのセカンドオプションとして、活躍している選手達ですね。

先日発表されたスターターと合わせて12名がイースタン代表として、オールスター本戦を戦います。
キャプテンのレブロン・ジェームスが、ウェスタンと合わせて22名の選手から、誰を選んで『チーム・レブロン』として、オールスターに挑むのでしょうか。

初選出された選手

イースタンカンファレンスの12名が発表されした。
スターターのジェエル・エンビートが初選出されましたが、今回発表されたリザーブ選手の中にもオールスター初出場が3名。

ブラッドリー・ビール(ワシントン・ウィザーズ)ビクター・オラディポ(インディアナクリスタプス・ポルジンギス(ニューヨーク・ニックス)が初選出です。

ビールとポルジンギスは、昨シーズンも活躍しており、オールスターに、近い将来オールスターに選ばれるのは予想はできていましまが、オラディポに関しては、シーズン前に今年オールスターに出る活躍をするなんて予想した人はいないのではないでしょうか。

NBA4年目で3チーム目となる、インディアナ・ペイサーズのエースとして活躍。昨シーズンまで平均15点付近の成績を、24点前後まであげる活躍をしています。

オフに、ポール・ジョージとの1対2のトレードでペイサーズに移籍。ペイサーズが損をしてるトレードとまで言われていましたが、今ではWIN- WINとまで言われ、プレイオフ無理。再建モードと言われたチームをイースタンの5〜7位につける活躍をしています。

おそらく今シーズンのMIPを獲得するのは、オラディポでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。