冬といえば、やっぱり鍋!鍋料理は野菜がたっぷり食べられるだけでなく、なんと心も癒してくれる食べ物だとか。大人数でワイワイやりながら囲んで食べたいですね。

野菜もたくさん食べられる「鍋」に決定!

冬の食べ物と言えば、やっぱり「鍋」。鍋料理の特徴は、何と言っても「体が温まる」こと。
人間にとって温かい食べ物は、体にも心にも、とても重要です。医食同源が当り前の香港では、日本より気温が高いにもかかわらず、デザートさえも温かく、冷たいものはあまり口にしません。
内側から体を冷やさない「温かさ」そのものも、私たちにとって良い「医」の効果があります。

鍋料理はココがいい!

●体が温まる!

鍋は冬を乗り切る最強の料理方法です。
野菜は煮込むことによって食物繊維が柔らかくなり、生よりも多く食べることができます。さらに、スープにもビタミン・ミネラルが溶け出しているため、スープも味わえる鍋料理は、まさに栄養の宝庫です。
また、野菜に含まれるペクチンは、胃の調子を整えるはたらきがあるので、胃腸薬を一緒に飲んでいるも同然です。「温かい」鍋料理はいいことづくめです。

●心も温まる!
鍋はどちらかと言えば、ひとりで食べる料理ではなくワイワイと2人以上で食べる料理です。そしてなぜか鍋を囲む時は、会話がはずみます。「あれ入れて」「コレ食べて」と話が続き、ときには「笑い」が起こることもあります。「笑い」は体を健康にし、ストレスを解消してくれます。
鍋料理は体だけでなく、心も温める、ニクイ食べ物なのです。

鍋やスープでダイエット

温かい食べ物と言えば、冬は特においしく感じるのが鍋やスープです。水分で満腹感が得られるので、食事の初めのほうで口にすれば、食べ過ぎ予防にもなります。野菜を多く食べることができ、調理の過程で流れてしまいやすい、水溶性ビタミンを摂れるのもうれしいところです。味付けのバリエーションも豊富で飽きにくく、唐辛子や生姜を使えば、体の新陳代謝を高める効果も期待できます。特に旬の食材は、栄養が豊富で味が良いと言われています。ただし、食べすぎには気をつけ、鍋の場合はシメの雑炊や麺は控えるようにすると良いでしょう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

美肌、ダイエット、花粉症にも?元祖”スーパーフルーツ”「プルーン」の秘密

最近巷で何かと話題の「スーパーフルーツ」。 実は以前から私達の身近なところにこのスーパーフルーツはありました…

風邪と肺炎は何が違う?

風邪だと思っていたら実は肺炎でした。というケースは少なくありません。肺炎の症状は風邪と似ているため、放置して…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

square

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。