卵は栄養バランスの取れた完全食品。しかし、コレステロールが高くなるからと敬遠している人も多い。そんな卵とコレステロールの気になる関係は。

日本人は卵が大好き!?

私たち日本人は年間どのくらい卵を食べている?

農水省の資料によると、平成9年の1人当たりの卵の供給量は17.6kg。これを卵の個数に換算(※)すると、なんと335個。1日1個、食べている計算になるのだ。
確かに、目玉焼きや卵焼きなど食事だけでなく、デザートやマヨネーズなど、あらゆる場面で卵は活躍している。
世界的に見てもイスラエルに続いて第2位と、日本人は卵が大好きなのだ。

卵はコレステロール値を高くする悪者?

卵が大好きという人も、「卵は1日1個まで」と決めている人が多いはず。
その理由は、「卵を食べ過ぎるとコレステロールがたまる」と思っているからだろう。しかし、コレステロールは必ずしも悪者ではないのだ。

コレステロールはなぜ必要?

コレステロールは人間にとってなくてはならない存在なのだ。

●コレステロールとは脂質の一種で、本来人間の細胞の細胞膜をつくったり、脂肪の消化に必要な胆汁酸の原料に欠かせない栄養素だ。
●コレステロールが少なくなると、血管が破れやすくなったり、免疫力が低下するなどの障害が現れる。
●人間はコレステロールを食物から摂取するだけでなく、体内でも合成している。

なぜ嫌われている?

これほど人間にとって必要なコレステロールなのに、なぜ悪者扱いされてしまうのだろう。それは、過剰なコレステロールがさまざまな疾患をもたらすからだ。

●血中のコレステロール値が高くなると「高コレステロール血症(高脂血症)」と言われ、血管の内壁に余分なコレステロールを付着させてしまう。
●その結果、動脈硬化を引き起こし、さらに心疾患や脳血管疾患を招く恐れがある。
●血中コレステロール値を上げてしまう原因のひとつに、高コレステロール食品の摂り過ぎが考えられている。

卵を食べてもコレステロールは大丈夫?

卵とコレステロールの関係を調べるための実験は、今日までに数多く行われている。
例えば、東海大学医学部の本間康彦氏らにより、卵黄3個分のコレステロール(750mg)を毎日摂取した場合の2週間後の変化を調べる実験が行われた。この実験では、悪玉コレステロールが上昇した人は全体の35%程度で、残りの65%の人は変化しないか低下した、という結果が得られた。また、善玉コレステロールについては上昇した人が約44%もいたのである。


ただし、高コレステロール血症(高脂血症)の人や、普段からコレステロール値が高めの人は、体内で合成されるコレステロールと食物から摂取するコレステロールのバランスをうまく調節できていないことが考えられる。そのため、やはりコレステロール摂取量は控えたほうがよい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

今話題のえごま油の効果とは?

テレビで最近よく取り上げられるようになりましたえごま油。 どう凄いかご紹介します。

運動時に麦茶を飲むときの効果

麦茶には香ばしい香りの素アルキルピラジンという成分が含まれています。このアルキルピラジンは血流を良くする働き…

関連するキーワード

1家族一回限りの無料サンプル請求

takashi

ストレスは食で発散するのが一番。地方の名産食べ歩く事・地方の名産品を土産で購入するのが大好きです。